Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古市憲寿氏、渡部建の謝罪インタに「僕たち社会が渡部さんからダメージ受けたわけではないので、謝罪会見する必要はない」

配信

スポーツ報知

 25日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、複数の女性との不倫が11日発売の「週刊文春」で報じられ、芸能活動を自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(47)が25日発売の同誌のインタビューに応じ、不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いなどを明かした件を特集した。  コメンテーターで出演の社会学者・古市憲寿氏(35)は「謝罪会見って成功したものって、まずないと思うんですよ。ベッキーにしろ、日大アメフト部にしてもAAAの浦田(直也)君にしても」と、まず話した。  「謝罪会見をして、言葉尻をとらえられるんだったら、会見しなくてもいいという判断もあるでしょうし。そもそも、これって不倫じゃないですか? 奥様とか不倫相手の人たちとか不快な思いを感じた人に謝るのはあってもいいと思うんですけど、僕たち社会は、そんなに渡部さんからダメージ受けたわけではないので、社会に対して、そもそも謝罪会見する必要はないと思うんですよ。だから、謝罪会見っていう文化自体がなくてもいいんじゃないかって思っちゃいますけどね」と独自の見解を示していた。

報知新聞社

【関連記事】