Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

四国アイランドリーグplus 愛媛MP、初勝利 4―1 粘りの投打で香川下す

配信

愛媛新聞ONLINE

 四国アイランドリーグplusは30日、伊予市しおさい公園野球場で1試合を行った。愛媛マンダリンパイレーツ(MP)は香川を4―1で破り、開幕からの連敗を4で止め今季初勝利を挙げた。  愛媛MPは2回に1点を先制。中盤に追い付かれたが、8回に3点を勝ち越し逃げ切った。  【評】愛媛MPが投打に粘りを発揮した。  先発の菅原は低めにボールを集め、8回1失点で今季初勝利。七回まで毎回の8安打を許したが、二つの併殺打を奪うなど要所を締める投球が光った。  二回の先制以降、好機をものにできていなかった攻撃陣は八回に3点を勝ち越し。下位打線の有間、真崎が勝負強さを発揮した。 ◆菅原の好投大きい◆  【愛媛MP・河原監督】(今季初勝利に)「先発の菅原がしっかり投げたことが大きかった。(24日の初登板時より)落ち着いており、1失点で辛抱強く投げてくれた。連敗中も投手は抑えており、打線の奮起を期待したい」 ◆タイミングを修正◆  【愛媛MP・有間右翼手】(八回に値千金の勝ち越し2点三塁打)「それまでの打席はボールに反応するタイミングが早かったので、修正して打席に入ったことが良かった。きょうは好機もつくれ、チームの雰囲気は悪くない」 ◆定位置つかみたい◆  【愛媛MP・真崎選手】(入団2年目。今季初勝利につながる先制打は公式戦初安打)「大振りにならないよう意識して打席に入った。対外試合でも初めてのヒット。きょうを足掛かりにして、定位置をつかみたい」

愛媛新聞社

【関連記事】