Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京都の中学校 部活動で新型コロナのクラスター 練習試合相手にも広がる

配信

毎日新聞

 京都市教委は7月31日、市立中学校で女子生徒6人が新型コロナウイルスに相次いで感染し、うち5人が同じ部活動に所属しており、クラスター(感染者集団)が発生したと発表した。この中学校と練習試合をした他の2校でも女子生徒各1人の感染が確認され、一連の感染者は計8人となっている。 【図解でおさらい】接触8割減のポイント  市教委によると、7人は同23~25日に市内であった部活動の練習試合に参加。その後、生徒1人の感染が同27日に分かり、市は対戦した学校を含め、練習試合に参加した生徒46人のPCR検査(遺伝子検査)を進めていた。部活動が何かは公表していない。最初に陽性と判明した生徒の母親は、別のクラスターが発生していた市立病院(同市中京区)を見舞いで訪れ、感染が確認されていた。  市教委は感染者が出た3校について校内の消毒を実施。学校は8月1日から夏休みで、同18日まで部活動など全ての活動を中止する。【小田中大】

【関連記事】