Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食欲不振・無気力を感じる人へ 5分でできる「初夏にオススメのヨガポーズ」【癒しの月ヨガ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 「健康的で楽しいおうち時間」をテーマに、誰でも簡単にヨガを体験できる新連載がスタート! 東京都内を中心に、心身の乱れを自然体に戻す「癒しの月ヨガ」レッスンを展開されている高橋エマさんを講師に迎え、時節の体調の変化に応じたヨガをお伝えしていきます。(写真=高野広美) 【写真で解説】梅雨に試してほしいヨガポーズ ■「癒しの月ヨガ」とは  「癒しの月ヨガ」は月の満ち欠けのサイクルに合わせてアーサナ(ヨガのポーズ)を行い、体と心を本来の姿に整えるヨガです。  新月から満月までの期間を「アクティブ期」、満月から新月までの期間を「デトックス期」と呼びます。「アクティブ期」は月が満ちていくように様々な栄養を吸収していく姿勢でヨガと向き合い、「デトックス期」は月が欠けていくように老廃物を排出する姿勢で向き合います。  新月・満月のタイミングに合わせて体と心に効果的なアーサナを紹介していきます。初めての方でも簡単にチャレンジできるアーサナをピックアップしていきますので安心して楽しんでください。 ■今回のアーサナ:半分の魚の王のポーズ  梅雨の名残と夏本番の便りを知らせる7月初旬は気温差が激しく体調を崩しやすい季節です。自律神経が気温差に応じて体内バランスを維持しようと多くのエネルギーを消費するため疲労が溜まり、肝臓や腎臓など体内の毒素を排出する機能が低下します。「食欲不振」や「無気力」を感じるのはそのためです。  何事も億劫な気分になってしまったときこそ試していただきたいアーサナが「半分の魚の王のポーズ」です。「ヨガの始祖」ともいわれているインド神話の最高神シヴァからヨガを学んだ魚の王マツィエンドラ(上半身は人間、下半身は魚の尾)の姿を表しているといわれています。  座位のツイスト運動は腹部に刺激を与え内臓機能を活性化させます。また、肩・腰・首・背中のストレッチ運動により体のゆがみを改善しリラックス効果を得ることができます。  満月から新月に変わる、7月5日(日)~7月20日(月)にかけて行うとデトックス効果が高まるポーズです。 ■「半分の魚の王のポーズ」詳しいやり方 【効果】 ・肝臓、腎臓の働きを活性化 ・整腸作用、便秘改善 ・ウエスト引き締め、脂肪燃焼 ・坐骨神経痛の緩和 【方法】  両足を伸ばし、坐骨(お尻の下にある骨)をマットに根づかせ、骨盤をやや前傾にして座ります。 (1)右足を左膝の外側に置きます。 (2)体重を左のお尻に傾けながら、左足の膝を折りたたみます。 (3)かかとを右のお尻に近づけます。再び右の坐骨をマットに根付かせます。 (4)坐骨がマットから浮いてしまう場合はお尻の下にタオルを挟んでください。 (5)左手で右膝を持ち、おへそに引き寄せます。右手はお尻の近くに置きます。 (6)息を吸いながら背筋を伸ばします。 (7)息を吐きながら、右側後方におヘソから胸へと下から捻ります。 (8)右手はお尻の後ろに置きなおします。 (9)背中が丸くならないように右手と右足の裏でマットを押し後頭部を引き上げます。 (10)捻りをキープしたまま3呼吸し、吐く息で、ポーズを解きます。 反対側も同じように行いましょう。 ■体が固い方も大丈夫!   左膝の折りたたみが難しい場合は、左膝を伸ばしたままにし、右足を左膝の外側に置いてキープしましょう。左手(左肘でも良いです)で右膝を引き寄せる力を緩めず、お尻への伸びが感じられるところでキープします。お尻の柔軟性を高めることで捻りやすくなります。 ■アロマでヨガの効果を高めるのもGood!  アロマは体の緊張をほぐし、深い呼吸ができるようにサポートしてくれます。呼吸が深まると自律神経が整い身体に備わった解毒機能が活性化されます。今回のアーサナには、「スイート・オレンジ」の甘くフレッシュな香りがおすすめです。消化器系の調子を整えるので、今の時期に起こりやすい食欲不振に有効です。  いかがでしたか? 今回はお腹から体調を整えるアーサナを紹介させていただきました。しっかり体内の毒素を抜いて夏本番に備えましょう! 次回は7月のアクティブ期に向けたエネルギーを取り入れるアーサナを紹介いたします。お楽しみに! 【講師紹介】 全米ヨガアライアンスRYT200取得 手話ヨガ指導法入門講座修了 ヨガニドラ指導者養成講座修了  高橋エマ。17歳から芸能界に入り、数々の舞台作品に出演。ダンス練習で負った怪我のリハビリをきっかけにヨガを学ぶ。補助器具を用いた正しい身体の使い方、わかりやすい指導法、女優職で培った心地よく流れるような“癒し声”に定評がある。

【関連記事】