Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

半沢 オネエ黒崎、異動先は「国税庁」…公式HPが次回告知 劇的展開に期待の声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 TBSドラマ「半沢直樹」の次回第9話のあらすじが公式HPで告知され、密かに進政党幹事長・箕部啓治(柄本明)の背後を追っていることを察知され、金融庁主任統括検査官のポストを外された片岡愛之助演じる黒崎駿一の異動先が「国税庁」であることが記載された。  「箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう」と、次回あらすじの中で記載されている。  13日放送の第8話のラスト。箕部の圧力に屈する形となった半沢直樹(堺雅人)と同じく、突然ポストを外された黒崎は、悔し涙を浮かべる部下たちに笑顔で別れを告げ、金融庁の建物に深々と頭を下げた。  駆けつけた半沢に「あたしの大嫌いな貴方でいてちょうだい!」と、箕部を追うヒントを言い残し、「金融庁はこの件から手を引くわ」とも語った。  頭を下げる半沢に静かに微笑んで立ち去り、ネット上では「黒崎検査官の背中に泣ける」「黒崎、めちゃくちゃカッコ良かったな」との投稿が相次ぎ、「黒崎」がトレンド1位に。  黒崎退場を思わせる内容だったが、異動先が権限が強い「国税庁」と明記されたことから、ネット上も「再登場あるやろこれ」「国税だったらまだ出番の可能性ある」と、逆襲を期待する声もあがっている。

【関連記事】