Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40代で一気に「顔の老化」が進む人が毎朝食べているもの

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
プレジデントオンライン

生活習慣病改善のエキスパートとして知られる池谷敏郎医師が、「老い」を止めるための独自のメソッドをまとめた『老いは止められる』(エクスナレッジ)を上梓した。最新作から、「見た目」までみるみる若返り、モテだすという「血管アンチエイジング」の極意を紹介する──。(第1回/全2回) 【この記事の画像を見る】  ※本稿は、池谷敏郎『老いは止められる』(エクスナレッジ)の一部を再編集したものです。 ■「血管メンテナンス」で老い知らず  東京・あきる野市に池谷医院を開院してから25年間、数多くの方々の血管の検査・治療を行ってきました。開院当初からずっと通い続ける患者さんもたくさんおられます。  血管のメンテナンスをずっと担当させていただいた成果は、患者さんたちの姿を見れば、一目瞭然です。みなさん、実年齢よりもずっと見た目に若々しく、元気で、生き生きとしているからです。  「老いを止められた」患者さんたちへ、私が一体何をしたのか?  まして、美容やアンチエイジングの専門家でもない、内科・循環器を専門とする医師である私が「なぜ若さを保つ方法を教えられるのか? 」、そう疑問に思う方もいるかもしれません。 ■外見も中身も、「若さ」=「血管年齢」  その答えは、人間の「見た目の若さ」も「中身の若々しさ」も、イコール「血管の若さ」だからです。あまり知られていませんが、「血管年齢が若ければ見た目も中身も若く、血管年齢が老けていれば見た目も中身も老けている」という科学的事実があります。  見た目年齢を大きく左右する肌の状態ひとつとっても、皮膚の細胞を維持する栄養や水分や酸素を届けているのは、血管であり、その中を流れる血液です。血管の機能や活動が衰えれば、当然ながら肌へ必要なものを届ける働きも衰えて、肌が老いる……というわけです。  見た目に若々しく、無駄な脂肪がついてないスリムな体で、どこにも痛みや不調がない。  めざすのは、こうした健康を基盤とする若々しさです。この状態になると、気持ちも行動も大きく変わります。「若返ったね! 」と人から褒められるようになるので、うれしくなってどんどん体によい選択、行動をするようになります。毎日が楽しくなって、気持ちが上向きます。

【関連記事】