Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

IZ*ONE、新作『Oneiric Diary』に高まる期待 収録曲詳細やハイライトメドレーから感じる変化

配信

リアルサウンド

 IZ*ONEが新曲「Secret Story of the Swan(幻想童話)」を収録した3rdミニアルバム『Oneiric Diary(幻想日記)』を6月15日に発売する。デビュー以来、アジアで爆発的な人気を得てきたIZ*ONEであるが、前回の『BLOOM*IZ』リリース時の活動では、音楽番組での1位を多数獲得、4冠を達成したということもあり、今回のカムバックにも注目が集まっている。  YouTubeの公式チャンネルで公開されたハイライトメドレーでは、さらに美しさに磨きのかかったメンバーたちのコンセプトフォトと共に、今回のアルバムに収録される8曲を試聴することができる。IZ*ONEはこれまでの活動を通して、韓国のガールズグループらしい凛々しさと、日本のガールズグループを思わせる可愛らしさとが融合された新たなアイドル性をアピールしてきた。前回のカムバック活動で披露された「SPACESHIP」をはじめとするキャッチーで可愛らしい楽曲を、スタイリッシュなメンバーが愛嬌たっぷりにパフォーマンスをする点で、一目置かれる要因であるように感じられる。  一方、今回のアルバムでは1曲目に収録されている「Welcome」からアルバムの題名通りに、これまでのIZ*ONEにはないようなファンタジーな世界観が演出されている。また、IZ*ONEが作詞を務めたミディアムナンバー「With*One」や、日本人メンバーの宮脇咲良と矢吹奈子が「Secret Story of the Swan」の日本語歌詞を、同じく日本人メンバーの本田仁美が「Merry-Go-Round」の作詞を韓国語と日本語の両方で担当したことも明らかとなった。楽曲の音楽性やキャッチーさのみならず、メンバーが今回のアルバムに込めたメッセージにも注目が集まるだろう。タイトル曲「Secret Story of the Swan」は、スタイリッシュさ溢れるIZ*ONEの魅力がより発揮されそうな予感がする。全体的に可愛らしいインパクトを与える楽曲が多い今回のアルバムであるが、ティザーがキラキラとした紫色で統一されていることなどから、ミステリアスな雰囲気と透明感が両立した作品になっていることが伺える。また、これまでのアルバムとは一味異なる非現実的な雰囲気が、IZ*ONEの新たな魅力を惹き立てるだろう。

【関連記事】