Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャリイかハイゼットか? 燃費からカスタムまで7番勝負で軽トラ王座を決める!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

現行の軽トラは実質3車種だが、約1年後には2択になる

 2020年現在、新車で買える軽トラは、スズキ・キャリイ、ダイハツ・ハイゼットトラック、ホンダ・アクティトラックの実質3車種のみ。「サンバートラックとかミニキャブトラックもあるじゃん」と思われる人もいるだろうが、前述の3車種以外はすべてOEM(エンブレム等が違うだけで中身は同じクルマ)。 【画像29点】走りもイケます! ミゼットllや旧型ハイゼット等で軽トラでレースも楽しめる まとめると以下のようになる。 【キャリイ系】 スズキ・キャリイ、ミツビシ・ミニキャブトラック、マツダ・スクラムトラック、ニッサン・NT100クリッパー ※2019年4月~2020年3月の新車販売台数は合計7万5042台(全軽自協調べ) 【ハイゼット系】 ダイハツ・ハイゼットトラック、スバル・サンバートラック、トヨタ・ピクシストラック ※2019年4月~2020年3月の新車販売台数は合計8万9356台(全軽自協調べ) 【アクティ】 ホンダ・アクティトラック ※2019年4月~2020年3月の新車販売台数は1万5211台(全軽自協調べ)  そしてアクティトラックは2021年6月に生産終了が決まっている。後継車種も予定されていないため、あと1年ほどで軽トラはキャリイかハイゼットの2択に絞られることになるのだ。 「アクティは空荷でも後輪にトラクションを掛けやすいミッドシップレイアウト。エンジンは元気だし耐久性も高く、ファンも多いのに残念ですが…。ただカスタムベースとしては、キャリイやハイゼットに比べてアフターパーツが極端に少ないのが難点。イジっている人も少ないと思います」と、軽トラックの販売やカスタムに詳しい但東自動車の岩出さん。  ということで、軽トラカスタムの世界では今、キャリイvsハイゼットという一騎打ちの様相を呈している。これから購入を考えている人は果たしてどちらを選ぶべきか?  エンジンやコスパ、室内&荷台の広さ、そしてイジりやすさなどの面で比較し、岩出さんのコメントと共にどちらが“買い”なのか検証していく。軽トラ7番勝負、始まります。

【関連記事】