Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅内閣の全容が判明 官房長官に加藤氏 初入閣5人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ朝日系(ANN)

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 16日に発足する菅新内閣21人の全容が判明しました。大阪万博担当大臣が新設され、閣僚の数が1人増えます。  政権の要の官房長官には加藤勝信厚生労働大臣が起用されました。安倍内閣からの再任は麻生太郎副総理兼財務大臣、茂木敏充外務大臣、萩生田光一文部科学大臣、梶山弘志経済産業大臣、小泉進次郎環境大臣、橋本聖子東京オリパラ担当大臣、それに新型コロナ担当の西村康稔経済再生担当大臣と公明党の赤羽一嘉国土交通大臣の8人です。  また、武田良太国家公安委員長が総務大臣に、河野太郎防衛大臣が行革担当大臣に横滑りで起用されます。再登板するのは上川陽子元法務大臣と田村憲久元厚労大臣、小此木八郎元国家公安委員長で、同じポストで起用されます。菅総裁肝いりのデジタル担当大臣には平井卓也元IT担当大臣が再入閣します。  初入閣するのは5人です。農林水産大臣に野上浩太郎元官房副長官、防衛大臣に安倍総理の実の弟の岸信夫元外務副大臣が起用されます。また、復興大臣に平沢勝栄元内閣府副大臣、一億総活躍担当大臣に坂本哲志元総務副大臣、そして、新設の万博担当大臣には井上信治元環境副大臣が固まりました。

テレビ朝日

【関連記事】