Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Twitterの新しい広告「プロモトレンドスポットライト」って何? 動画広告活用Tipsも聞いた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

広告媒体としての期待も高まっているTwitterだが、TwitterのmDAUは全世界で1億5,200万、2019年第4四半期の決算では、前年同期比で21%増加だという。その伸長の背景やTwitterでの動画広告運用のコツ、2020年1月に加わった新しい広告メニュー「プロモトレンドスポットライト」に関して、コロナウイルスで世界的に在宅勤務が推奨されるようになる直前に、Twitter Japanに聞きに行った。 【聞き手】Web担当者Forum編集長 四谷志穂 【撮影】小沢朋範  

TwitterのmDAUは全世界で1億5,200万

現在、Twitterではユーザー数ではなくmDAUという数字を公開している。これは「毎日使っていて、確実にメッセージが届くユーザーの数」という意味で、mDAUのmはmonetizable(収益につながる)の略だ。つまりボットではなく、ちゃんと人が使っているアカウントに広告を配信できる総数と考えるといいだろう。

広報事業本部長の松山歩氏によれば、そのmDAUは「グローバルで1億5,200万。2019年の第4四半期の決算では、前年同期比で21%増加。内訳はUSが3,100万、その他で1億2,100万」だという。

mDAU伸長の背景として松山氏は、以下のプロダクトの改良によるユーザーの活性化であると言い、2点を挙げている。

■ [背景(1)]  「トピックフォロー」機能の追加で、関連性の高いツイートが見つけやすくなった たとえば、ラグビーワールドカップが盛り上がった時をイメージしてほしい。元々ラグビーファンであれば、注目選手や国内リーグのチームのアカウント、ラグビー専門メディアのアカウントをフォローしていることだろう。ワールドカップ予選が始まれば日本ラグビー協会のアカウントがレコメンドされてきて、それもフォローしたかもしれない。

しかし、これまでラグビーに興味がなかった「にわか」にとって、どんなチームがあってどんな選手がいるのかわからず、誰をフォローすれば欲しい情報が見られるのかもわからない。そんな時に「ラグビーワールドカップ」というトピックスをフォローすれば、関連性のある選手やメディアのツイートが自分のタイムラインに出てくるという機能だ。トピックフォローは、以下の方法で設定可能。