Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iMac ProにもミニLEDディスプレイ搭載の噂。画質向上に期待したい

配信

ギズモード・ジャパン

値段は大丈夫かな? 来年はApple(アップル)製品のディスプレイ品質が大きく向上するかもしれません。海外からは、ミニLEDディスプレイがMacBook Proや12.9インチiPad Pro、そしてiMac Proに搭載されるとの報告が登場しているのです。 中国系調査会社のGF Securitiesのアナリストが報告した、今回の新情報。それによると、まず2021年の第1四半期(1月~3月)にはミニLEDを搭載した12.9インチiPad Proが登場し、第2四半期(4月~6月)には16インチMacBookや27インチのiMac Proにも導入がすすめられるというのです。 ミニLEDは通常よりもさらに細かいLEDをバックライトに利用することで、高画質化だけでなく製品の薄型化や軽量化にも役立つことが期待されています。すでに、40万円もするミニLEDを搭載した、クリエーター向けのディスプレイ搭載ラップトップも登場していますね。 このようなミニLEDの搭載については、以前からアナリストがその登場を報告していました。iPadからiMacまで多様なデバイスへの搭載の報告は、ミニLEDがかなり有用な技術でアップルも本気なことをうかがわせます。 液晶や有機ELだけでなく、ミニLEDと、目まぐるしく変わるディスプレイ技術。いち消費者としては、やはりどれだけ画質が向上するのかに注目したいですね。 Source: MacRumors

塚本直樹

【関連記事】