Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「安くておしゃれな世界中の宿」が揃うAirbnbのメリット・デメリットを利用歴4年の筆者が解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーの達人

「旅費は安く抑えたいけど、せっかくだからキレイでおしゃれな宿に泊まりたい」 そのような方におすすめなのが、民泊サービス「Airbnb」です。 筆者もここ数年の旅行はほとんどにAirbnbを利用しており、旅費を浮かせつつ豪華な体験をしています。 今回の記事では、Airbnbを使うメリット・デメリットを紹介します。

Airbnbとは「民泊の仲介サイト」

Airbnbとは、宿泊施設ではなく、 一般の民家などに宿泊する「民泊」を仲介するサービス です。 日本を含む世界190か国以上で、空き家などを貸したいホスト(家主)と、泊まる場所を探しているゲスト(宿泊者)をつなぐプラットフォームを提供しています。 利用者は累計5億人を超え、1日平均200万人以上のゲストが宿泊している人気のサービスです。 年々人気が高まってきており、日本国内でも利用者数が増え続けています。 筆者も4年程前から利用しており、最近では国内旅行も海外旅行もほとんどAirbnbを使うようになりました。

Airbnbを使うメリット

Airbnbで宿泊するメリットには次のことが挙げられます。 1. 値段が安い 2. サイトが使いやすく、予約も簡単 3. 部屋によってさまざまなサービスがある 4. 大人数でもOKの広い部屋や、1棟貸し切りも可能 5. ホストの評価をチェックできる ■1. 値段が安い ホテルにもさまざまな価格設定がありますが、同じエリアで同じような条件で探すと多くの場合、Airbnbの方が安価な宿を見つけられます。 ホテルで安い所を探すと古さや狭さが目立ちますが、Airbnbでは広くておしゃれな部屋に非常に安く泊まれるのです。 また、価格設定も1部屋ごとに決まっているパターンが多いため、 大人数であるほど1人あたりの旅費を安く抑えられます。

■2. サイトが使いやすく、予約も簡単 ウェブ版でもアプリ版でも、サイトが見やすく部屋を探しやすいと言えます。 いろいろなサイトでホテル探しをしていると、比較のしずらさや見づらさから、探しているうちに疲れてしまうこともあるので、サイトの見やすさも重要なポイントです。 この点に関連するのですが、予約の取りやすさもメリットの1つです。 自分の情報やカード情報を1度登録してしまえば、毎回の面倒な入力がなくなり、予約の確定までスムーズに進められます。 ■3. 部屋によってさまざまなサービスがある 温泉地であれば、部屋に温泉がついているラグジュアリーなタイプまであります。

【関連記事】