Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

HEADZより関西を拠点とした新たなレーベル「Leftbrain」が始動 第1弾はSjQ11年ぶりの新作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 今秋、HEADZより関西を拠点とした新たなレーベル「Leftbrain」が始動、第1弾となるリリース作品、“SjQ”の11年ぶりとなる新作アルバムのティザー音源が公開されています。  “SjQ”は、2003年に杉本佳一のcubic musicよりデビューし、虹釜太郎の360°Recordsのコンピに参加、2009年にHEADZより『Animacy』を発表して以降は、映像作家のKezzardrixとのプロジェクト・SjQ++で、オーストリア・リンツの芸術祭〈Ars Electronica〉にてAward of distinctionを受賞、〈あいちトリエンナーレ〉に出演するなど、多方面で活動してきましたが、音楽作品としては11年ぶりの新作アルバムとなります。  なお、今後のリリースとしては、goatの日野浩志郎による新プロジェクトや、音響作家の荒木優光と、DJのDISTEST、そしてneco眠るの栗原ペダルによる3人組・NEW MANUKEの初のアルバム・リリースなどが予定されています。

【関連記事】