Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ鬱への対処法 自分を抱きしめ声に出して労う“セルフラブ”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 「コロナ鬱」という言葉が生まれたように、今回のコロナ禍において精神的ダメージを受けている人が多数いる。特に子育て世帯においては、自分だけでなく子どものメンタルケアも重要な問題だ。心理カウンセラー・パピヨン麻衣さんに「コロナ鬱」への対処法やメンタルヘルスを保つ考え方のヒントを教えてもらった。 【動画】心理カウンセラーが教える、ネガティブな感情になってしまう時の対処法とは? ■「“足るを知る”こと」「情報を取捨選択できる力」でメンタルヘルスを保つ  オンラインでもカウンセリングを行っているパピヨンさん。最近寄せられる相談で特に目立つのが仕事環境の変化や、ステイホームによる人との距離による悩みだ。 「在宅勤務でやる気が出ない、仕事がやりにくいという声をよく聞きます。プライベートなところでは日頃家にいない夫が家にいてイライラするなど、家族が近くなって今まで見えなかったことが見えてきたというお悩みが多いですね。お子さんのいるご家庭では、学校行事に参加するべきかどうか、周囲の意見の相違に悩んでいるという相談もあります」  そういった悩みに対して、パピヨンさんは3つの対処法を提案している。1つ目は禅宗の言葉で「足るを知る」ということ。今あるものでいかに自分を豊かにできるかという考え方だ。 「例えば、在宅勤務でやる気が出ないという方は平常時も満員電車で通勤が嫌だなぁなどと言っていませんでしたか? どの状況であっても不満が出る傾向ではないでしょうか。一度、欲に惑わされていないか振り返ってみましょう。今あるなかで自分の求めていた幸せが実は満たされていることに気づけるはずです。この状況の中でできる楽しみを自分の力で見つけていきましょう」  そして2つ目は状況を俯瞰し、広い目で見ること。周囲に流されず、自分にとって本当に必要な情報を取捨選択できているだろうか。 「世間の評判や流行を判断材料にしてしまっていませんか? 自分自身で判断し、倫理的・道徳的にどうなのか、自分の家族にとって正しい選択かということを冷静に考え取捨選択していくことが大切です」  3つ目は人間が本来もっている「集団欲」を満たすこと。ステイホームで寂しいという気持ちも集団欲から来ている。 「今は電話やオンラインなど触れ合わずとも集団欲を満たすことができます。『ひとりでステイホームしなきゃ』と思わず、かたちにとらわれず誰かと繋がったりすることもメンタルヘルスを保つうえで重要です」

【関連記事】