Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

そんな無慈悲な…『ハロウィン』続編の映像公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(1978)から40年後を舞台にしたホラー映画『ハロウィン』(2018)は、3部作になることが決まっている。このたび、第2弾となる『ハロウィン・キルズ(原題) / Halloween Kills』の海外版ティザー映像が公開された。(以下、第1弾のネタバレを含みます) 【動画】消防車が…『ハロウィン・キルズ(原題)』海外版ティザー映像  『ハロウィン』(2018)が描いたのは、40年の時を経て、再びブギーマンこと殺人鬼マイケル・マイヤーズと対峙することになったローリー(ジェイミー・リー・カーティス)、そして彼女の娘&孫娘の死闘だ。ラストでは、ローリーたちがブギーマンを彼女の家の地下室に閉じ込め、火を放って勝利! ローリーたちはトラックの荷台に乗せてもらい、燃え盛る家から離れて行った。

 今回公開された第2弾『ハロウィン・キルズ(原題)』のティザー映像はその直後のシーンを捉えたもので、ローリーたちが荷台で一息ついていたのも束の間、火事を察知した消防車が一刻も早く消火せんと群を成してローリーの家に急行しており……。ローリーは「ノー! ノー! ノー! 燃やしといてよー!!!!!!」と悲痛な叫び声を上げている。

 ティザー映像公開と併せて、新型コロナウイルスの影響で全米公開日が1年延期となる2021年10月に変更されたことも発表された。ファンにはちゃんと映画館で本作を楽しんでもらいたいという思いから決断に至ったといい、通常上映に加えてIMAXでも上映される。最高のサウンドデザインのチームが、ぞっとする音響を作り上げるとのこと。さらに第3弾『ハロウィン・エンズ(原題) / Halloween Ends』の準備も始まったという。

 続編2作のメガホンを取るのは、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーン監督で、脚本も執筆。プロデューサーには、ローリー役のジェイミー・リー・カーティス、ジョン・カーペンター監督、ジェイソン・ブラムら強力な面々が名を連ねている。(編集部・市川遥)

【関連記事】