Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! BROOKS「Hyperion Elite(ハイペリオン エリート)2」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
月刊陸上競技

 日本初の男子中距離プロチーム「阿見AC SHARKS(シャークス)」をスポンサードするなど、日本のランニング界でも徐々に存在感を増している米国のブランド「BROOKS(ブルックス)」。9月1日には厚底ソールを持つトップレーシングモデルの2代目「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)2」(税別27000円)を全世界で同時発売した。中学から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズを実際に履いてその感想をレポートする。

「DNA FLASH」をミッドソールに採用

 見た目は前作とほぼ同じでも、『中身』は違う――。米国のランニングシューズブランド「BROOKS」が9月1日に全世界で同時発売した「HYPERION ELITE 2」は、トップランナーの使用を想定した厚底レーシングモデルだ。  その最大の特徴は、ブルックスが独自に開発したミッドソール素材「DNA FLASH」を採用していること。ミッドソールの成型工程でEVAに高密度の液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡させたもので、軽さとクッション性、反発性を高次元で実現しているという。DNA FLASHは2月に発売されたレース&トレーニング兼用モデル「HYPERION TEMPO(ハイペリオン テンポ)」にも使われており、ランナーからは好評のソール素材だ。  そして、ミッドソールには湾曲した可変形状カーボンプレートを搭載。プレートをDNA FLASHで挟み込むことで推進力を生む構造となっている。これは今年2月に発売した前作「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)」と同様の仕組みで、アッパーのデザインもほぼ同じだ。ソールの素材が変わった点が前作との大きな違いと言えるだろう。  ソールの厚さは最大35mmで、ドロップ(前足部と踵の高低差)は8mm。ロードレースにおける世界陸連の規定上限(40mmまで)はクリアしている(※25mmまでに制限されるトラックレースでは使用できない。日本国内であれば今年11月末までは条件付きで使える場合もある)。  ソールの素材が変更された影響で、重量は27.0cmで約215gと前作の約196gよりは若干増加。ただし、メーカーの検証ではその分、反発力やクッション性などの性能評価は上がっているという。

【関連記事】