Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元自衛官のフリーランスエンジニア、78歳で警備員に転身した元経営者…“70歳でも働く社会”が目の前に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 少子高齢化が進んだ結果、高齢者の労働力にも頼らなければならない日本社会。先週、家電量販店「ノジマ」が、定年後80歳まで再雇用契約ができるよう就業規則を改めたことが発表され、話題を呼んだ。 【映像】83歳の現役警備員が熱論「働いた方が健康のためにも良い」私たちは何歳まで働くべき?  政府も2013年に高年齢者雇用安定法を改正、定年を65歳までに延長し、定年後の再雇用などを企業に義務づけた。そして今年3月には同法をさらに改正、来年4月以降は70歳まで働く機会を確保することなどを企業の努力義務とした。  「よほど健康ではないと80までは無理だと思う」「もうやめたげて!って悲鳴を上げてしまった」。そんな声もある中、『ABEMA Prime』では、実際に働いている高齢者を取材した。

■幹部自衛官からフリーのシステムエンジニアに転身

 フリーランスのシステムエンジニアとして活躍している北海道在住の藤原幸雄さん(68)は、陸上自衛官として働いていた経験を持つ。  1974年に防衛大学校を卒業後、幹部自衛官として任官。現役時代は若手を厳しく指導する、いわゆる“鬼の教官”だったこともあるという。ただ、一般企業よりも定年が早いのが自衛隊の世界。藤原さんも55歳で定年を迎え退官した。  就職活動は難航したというが、実は若い頃からIT(情報技術)に興味があったことから、在職中に情報処理技術者試験などの資格を取得していたため、ITのベンチャー企業に再就職することができたという。「自衛隊だったら部下を威嚇するようなこともしたかもしれないが、そんなことは絶対にしないように若い人を“先輩”として立てて、敬語を使って接するようにしたりと、なるべく違和感を覚えないよう、気を遣いながら過ごしていた(笑)」。  そのITベンチャーを10年勤め上げたのち、65歳で2度目の定年を迎えた藤原さん。その後はエンジニアのエージェントである株式会社PE-BANKに登録、今に至っている。「65歳を超えてエントリーしていただくケースは初めてだったので、正直、面接するかどうかも悩んだ。頑張っても1、2件、案件を紹介できるかな、くらいに考えていたが、4年間、ほとんど途切れなく仕事が入ってきているし、どの現場でも一定の成果を出していただいている。私としてもありがたいというか、助かっている」(中村健夫・PE-BANK北海道支店長)。  今後について藤原さんは「万が一お客さんに喜んでもらえる品質を保てなくなった場合はボランティアでもいい。元気なうちは自分の持っている技術で社会の役に立つ何かができればいいな」と話していた。

【関連記事】