Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高田文夫、中学の同級生・志賀廣太郎さんを偲ぶ「本当にお芝居が好きな奴だったな」

配信

ニッポン放送

4月20日に亡くなった俳優の志賀廣太郎さんを、中学の同級生である高田文夫が偲んだ。

5月1日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」に出演した高田文夫は、志賀廣太郎さんとの長い付き合いを振り返った。 志賀と中学の同級生である高田は、同窓会では周りにはやし立てられ、司会をやるそうだ。 「俺たち同窓会あるとさ、必ず俺と志賀が司会やらされんだよ。『どーも文夫ちゃんです。』『廣太郎ちゃんです』つってさ(笑)」 そして、お決まりの流れがあるとのこと。 「『何だよそのバーコードは!お前老けたな~いくつになった?』『同い年だよ!』って必ずやるんだよ。それが必ずウケるんだよ(笑)」 同番組では、志賀との思い出をたびたび語ってきているが、2014年11月24日にはゲストに招いており、その際の音声も紹介された。 高田)中学の時はお芝居やってたの? 志賀)うん演劇部。 高田)あ、そうなの? 見たことないや、おまえの芝居(笑) 志賀)学校で発表したよ! 高田)生徒たちがみんな見たわけ? 志賀)そうだよ。サボってたんだろ(笑) これを受けて高田は「俺、昔の友達とか、ずーっと付き合ってるんだよ。やっぱり人間が一番面白いじゃない」と語り、「本当にお芝居が好きな奴だったな」と偲んだ。

【関連記事】