Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「都会育ちが田舎へ移住するのは難しい」は、本当か?

配信

LIMO

都会育ちの人が生活費の安い地方へ移住するケースは、以前より多くなっているのではないでしょうか。今やネットで手軽に買い物ができるだけではなく、必要な情報やビジネスもネット経由で得られる時代です。ネットがつながるPCがあれば、生活費の高い東京から出ていって、地方の広い家で安価に生きていくことは経済的合理性があるように思えます。 しかし、住み慣れた都会を離れて地方で広い一戸建てを借りるも、田舎の文化を受け入れられずに東京へ戻る人もいるのです。 筆者は大阪生まれ、大学はアメリカのシカゴ、就職は東京でしたので都会育ちの人間です。しかし起業に際して、家の周りを野生のムササビが飛ぶような田舎に移住しました。自らの経験談を踏まえて「都会育ちが田舎へ移住するのは難しいか?」を考えてみたいと思います。

都会育ちにとって辛い田舎の文化

田舎には、都会にない文化があります。その筆頭は「すぐ噂を立てられること」です。 筆者は会社経営者で時間の融通が利く立場です。移住して昼間のスーパーで子供を連れて買い物をしていたのですが、一日にして自分が東京から引っ越してきたことが噂になったようです(後から聞かされました)。東京では昼間からベビーカーを押してぶらつく男は珍しくもないですが、どうやら地方では少数派だったようで不審者のように思われてしまいました。 また、田舎には独自のコミュニティがあります。自治体のイベントなどの中には、ほぼ強制参加となっているものもあります。従業員の女性は「婦人会に行きたくない。いつも憂鬱」とこぼしていました。嫌なら行かなくて良いのでは? と思うのですが、「ここでは行かない選択肢はないの」というのです。その他、地域によっては草刈りや行事のお手伝いなどもあります。 こうした都会にはない田舎特有の文化は、移住者には面倒に感じるのでしょう。

ビジネスは田舎でも問題なし

筆者は移住前に「現地の人とうまくビジネスできるだろうか?」と心配していました。PC1台だけでビジネスをするプログラマーなどだと、現地で人と関わらなくてもオンラインの関係だけで完結できるでしょう。しかし、筆者が手掛けているビジネスはフルーツギフトのネット通販です。フルーツの仕入れ、梱包、電話対応などたくさんの従業員を雇用して、コミュニケーションを取りながら人海戦術で働いてもらわなければいけません。 しかし、蓋を開けてみて拍子抜けしました。ビジネスは田舎でもまったくの無問題です。「田舎は東京のようにIT化されていない」と思っていましたが、驚くほどITに強い人もいるのです。 また、田舎で企業経営をするメリットがあります。それは優秀な人を東京より安い人件費で採用できることです。「この人はどこへいっても十分通用するな」と感じさせる、すごく能力の高い社員もいます。優秀な人を雇うために、自分の会社は近隣の企業の賃金相場より高めに設定しています。しかし、それでも東京の企業と比べてしまうと、決して高額な報酬を出しているわけではありません。 それでも入社した社員やアルバイトは「この会社の給料の高さに惹かれた」と言う人もいて驚かされます。田舎は優秀な人材でも、東京ほど高額な人件費をかけずにビジネスができる魅力があるのです。 ちなみにビジネスをする上で「田舎独特のやりにくさ」を強いて言うなら、「すいません。来週は収穫作業があるので、有給休暇を取らせてもらえますか?」と兼業農家をやっている社員から相談されるくらいでしょうか。 東京では「農業なんて趣味でしょ! 休日にやりなさい!」と言われてしまうでしょうが、自分がいる地域では半分近くの従業員が畑を持ち、当たり前のように農作物を育てています。彼/彼女らの収穫作業を想定してシフトを組んであげる必要があります。

【関連記事】

最終更新:
LIMO