Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野球選手必見!増量時に知っておくべき食事と栄養

配信

Baseball Geeks

一般的に、野球選手の多くは中学生から高校生にかけて、高校生から大学生・プロにかけて約10kgずつ体重が増えていく(1,2)。中学校卒業時に体重60kgほどだった選手は高校3年生次には体重70kgになり、さらに大学に進学あるいはプロ野球や社会人へ進むと体重は80kg程度まで増量するといったケースがよく見られる。 当然、この間には身長も伸びていく。成長期における身体成長だけではなく、トレーニングや栄養摂取での体つきの変化を考えるには、体重だけでなくもう少し詳細な体組成、つまり体の中身の確認が必要となる。 【増量時に知っておきたい「筋肉量」という指標】 体組成は身長、体重から算出される体格指数BMI(Body Mass Index)や体脂肪率で評価するのが一般的だ。しかし、アスリートの場合はトレーニングにより発達した組織の重量が一般よりも多いため、BMIや体脂肪率に加え、間接的に測定した筋肉量や、体重から脂肪の重さを引いた除脂肪量を評価するのが妥当だろう。 そこで今回は、体重を増やすときに知っておきたい「筋肉量」について、そしてそれを増やすために必要な栄養について考えていきたい。

全身筋肉量がパフォーマンスに影響する

投手であれば投球速度、打者であればスイング速度は全身筋肉量や筋力と相関するというデータも報告されており(3,4)、筋肉量を増やすことが野球におけるパフォーマンス向上の一要因であると言える(図)。 ところで、走塁や守備においてはどうだろうか?一般的な体力要素の一つとして、走力スピード(スプリント)がある。足が速いほど野球選手の走塁や守備には有利であることは考えられるが、体重を増やしすぎると明らかに走力は衰えを見せ、腰、あるいは膝・足首など下半身の負担が増えてケガに繋がることもある。 【体重を増やすとスピードが落ちてしまう?】 陸上短距離のサニブラウン・ハキーム選手は高校2年生の時に世界ユース選手権200mにおいて大会新記録で優勝した。タイムは20秒34、当時の公式プロフィールの体重は76kg(身長187cm)であった。20歳時の体重は83kg(身長190cm)で、約4年間で7kg体重が増えたが、タイムは20秒08と0.26秒縮んでいる。 このことから、よく言われている体重を増やすと「スピードが落ちる」や「重く感じる」というのは、体重の増やし方に問題があるように思える。

【関連記事】