Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

勝負所で活躍したジャマール・マレーをナゲッツ指揮官が「スーパースター」と賞賛

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

9月22日(日本時間23日)に行われたデンバー・ナゲッツとロサンゼルス・レイカーズによるウェスタン・カンファレンス決勝第3戦は、114-106でナゲッツが勝利して対戦成績を1勝2敗とした。 シリーズ初勝利を飾ったナゲッツでは、22得点、10リバウンド、5アシストを記録したニコラ・ヨキッチ、26得点、3リバウンドを記録したジェラミ・グラントの活躍も大きかったが、試合残り2分17秒から2本の3ポイントシュートとアシストを決めてリードを4点から12点に広げたジャマール・マレーが勝利の立役者となった。 この試合、出場43分で28得点、12アシスト、8リバウンド、2スティールという大車輪の活躍を見せたマレーについて、マイケル・マローンHC(ヘッドコーチ)は試合後に以下のように語ったと、『ESPN』のオーム・ヤンミスク記者は伝えている。 「ニコラは去年から安定した活躍をしていたが、ジャマールがどんなプレイをするかは(波があり)分からなかった。ただ、もうそんなことはない。我々のチームにはニコラとジャマールという2人のスーパースターがいる」 またヤンミスク記者によると、マローンHCは2ラウンド連続で1勝3敗から3連勝しているチームの精神面の強さについても言及している。 「今夜は間違いなく良い試合ができると思っていた。なぜなら、我々はエリミネーション・ゲーム(負けたら終わりの試合)で6連勝しているからだ。誰もが、我々が荷物をまとめて帰ることになると予想したが、我々にここから去る気などなかった。理由は分からないが、我々はこのバブル(隔離地域)が大好きなんだよ」 注目のシリーズ第4戦は24日(同25日)に行われる。

NBA Rakuten