Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで増えたテイクアウト、宅配。「外食しない」が主流になる?

配信

LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を受け、休業や短縮営業を余儀なくされた飲食店。厳しい状況の中、少しでも売上げを上げようとテイクアウトのサービスを始める店も増えました。 また、コロナ前から消費増税の影響もあり、テイクアウトや宅配(デリバリー)でお店の味を楽しむことができる「中食」に対する注目が高まっています。

消費増税+コロナの外出自粛でテイクアウト志向に

2019年10月に行われた消費増税では、外食は消費税10%にアップしたのに対し、スーパーで惣菜を買ったり、テイクアウトでお店の料理を持ち帰ったりする場合は軽減税率の8%が適用されることになりました。 この軽減税率8%は、たとえば宅配ピザやウーバーイーツなどの宅配サービスで購入する飲食料品も対象となっています。自分でお店に行く必要がなく、自宅まで宅配してもらえるのは非常に便利ですね。ただし、宅配手数料が別途かかる場合、宅配手数料は軽減税率にはなりません。 また、5月25日には緊急事態宣言が全面解除になりましたが、まだしばらくは短縮営業が続くためにテイクアウト・宅配を続ける飲食店も多いようです。 これは「小さな子どもがいるから外食がしにくい」「家でお酒を飲みながらゆっくり食べたい」という層にとってはありがたいサービスです。その便利さとお店で食べるより消費税が低くなることから、今後も需要が続くのではないでしょうか。

モバイルオーダーの認知度やメリットは?

また、モバイルオーダーを利用している人も少しずつ増えているようです。 モバイルオーダーとは、スマートフォンで事前に注文や支払いをしたり、テイクアウト商品を事前注文して予約時間に取りに行ったりすることで、レジや店頭に並ばずに注文した商品を受け取れるサービスです。 そのモバイルオーダーについて、インターネット調査のマイボイスコム株式会社では2020年1月に10,308人を対象とした調査を実施。同調査では、モバイルオーダーを「利用したことがある」は全体の12.1%、「知っているが、利用したことはない」は43.4%で、2つの回答を合わせた認知率は55.5%となっています。 モバイルオーダーを利用するメリットは、「並ばずに済む、待ち時間が短縮」が4割強、「商品やメニューを落ち着いて選べる」が3割強、「注文を確実に伝えられる」「都合の良い時間に受け取れる」が各2割強という結果です。 マイナス面としては、「セキュリティ面で不安」「スマートフォンがないと利用できない」「混雑していれば結局は待たされる」などが各10%台となっています。 なお、この調査は新型コロナウイルス感染症の影響を受ける前の調査なので、自粛期間中にテイクアウトの需要が高まったことから、足元ではさらに利用者が増えている可能性が高いと推測されます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO