Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高松渡が駆け抜ける、ドラゴンズ韋駄天の系譜

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

「トラに、どこかポジションを与えてやりたいんや!」 かつて、第二次政権下の星野仙一さんが、若き荒木雅博選手のセンターバックホーム送球練習を眺めながら呟いた言葉が忘れられない。 トラとは、星野元監督が荒木選手に付けたニックネーム。元タレントの荒木定虎さんからきているが、由来はともかく「トラ~、おい、トラ!」と、とにかく星野さんが彼に期待を寄せているのが、はっきりとうかがえた。そのチャンスを活かした荒木選手自身は、その後、常勝軍団の要、アライバ二遊間コンビを形成。ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞は実に6回も受賞し、リードオフマンとして活躍、盗塁王にも輝いた。

ランニング本塁打

その“トラ”荒木コーチが今、 「ファームでずっと一緒にやってきて、すごく成長しているし、彼は、いろいろ自分で考えてやっていると思う」 と語り、先を見据える選手がいる。3年目のハタチ、高松渡内野手だ。 彼をファームの全体練習でも、スタミナ不足が課題だった頃から知る荒木コーチ。それだけに先日6月9日に彼が魅せたランニング本塁打の姿を、三塁コーチボックスでどんな心境で見守っていたのだろうか。 一方、星野第一次政権下で、竜の切り込み隊長だった彦野利勝さん(CBC野球解説者)は、高松選手が持つ『芯』に注目する。 「当然、今はまだ、代走のチャンスが有難い。だけど、それを活かすためには、全部、走ってほしい。スタートを切るな、のサイン以外は全て。盗塁や様々な走塁は、一軍の投手を見て、走ってみないと分からない。今できないと、本番での一歩目の勇気は生まれないから」

守りきれる根拠

「それと、彼自身とチームのために、守備で安心してもらえること。これがレギュラーへの第一歩。走攻守、全部初めから揃っているわけがない。間違いなく、まずは、守り。監督の立場で若手に対して起用の我慢ができるかは、しっかり守れるという根拠をもてるか、だから」 たしかに、練習試合の連戦で、好走塁もあったが、別日の9回、セカンドの守備で先頭打者のセカンドゴロを体の横で弾き、エラー。チームは逆転された。ミス自体よりも、その日の試合前シートノックで、同じ打球へのミスをしていたことは、悔やまれる。 だからこそ、彦野さんの言葉に力がこもる。 「途中からでも守備に就き続けていれば、試合終盤、意外と打席のチャンスって来る。しかも、いい場面でね」

【関連記事】