Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビタミンCがたっぷり補える!ゴーヤのアレンジレシピ2品【管理栄養士が教える減塩レシピ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

【作り方】 1.ゴーヤは綿を取り除き、1cm程度の輪切りにしたら、全体に片栗粉をまぶす。

2.ツナ缶は油を切り、胡椒・マヨネーズと混ぜる。

3.ゴーヤに2を詰めていく。

4.フライパンに3を並べ、火を付ける。中火で両面焼き目が付くまで焼く。

5.仕上げに黒いりごまを振って完成。 ツナマヨとの相性がよく苦みを感じにくいので、ゴーヤが苦手な人にもおすすめできるレシピです。 簡単にできるので、もう一品のおかずやお弁当にも活用できます。 ゴーヤの苦みのもとはモモルデシンという成分。 モモルデシンは、胃腸の粘膜を保護するはたらきや、食欲を増進させる効果があります。 水にさらすと栄養が流れ出てしまうため、苦みが苦手な方はゴーヤを小さめに切ったり、香りよいオイルで炒める、とうもろこしやパプリカなど、甘みの強い夏野菜と合わせるのもおすすめです。 食塩相当量:0.7g

* * * 野菜の高騰も話題になっていますが、もうすぐ夏野菜もおわり。 貴重な野菜、少しでも栄養を逃さず、おいしく食べましょう。 文/矢崎海里(やざき・かいり) 管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

サライ.jp

【関連記事】