Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「やっと優勝できてうれしい」田中希実が、昨年女王を制し1500mで初V!明日800mで2冠へ挑む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

「日本陸上競技選手権大会」の2日目が2日、デンカビッグスワンスタジアム(新潟)にて開催された。女子1500メートルでは、日本記録保持者の田中希実が4分10秒21で優勝し、日本一の称号を手にした。  田中は、7月の「ホクレン・ディスタンスチャレンジ」の3000メートルで8分41秒35、さらに8月の「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」の1500メートルで4分5秒27と、今季2つの日本記録を樹立させ、一躍脚光を浴びる21歳の若き日本のエース。  昨日行なわれた予選では、序盤から独走し、余裕の走りで1位通過としていた。迎えた決勝は、昨年2冠(800メートル&1500メートル)を達成した卜部蘭との一騎打ちとなった。序盤はけん制し合う形でレースを進めた田中。600メートルを過ぎたタイミングでロングスパートをかけると、後続を突き放す独走をみせ、見事初優勝とした。  勝ちにこだわったレースを見せた田中。レース後のインタビューでは、「やっと優勝できて、本当にうれしい」と喜びを口にした。日本記録保持者として「(プレッシャーは)凄くありました」と率直にコメント。今後について「タイムだけでなくしっかり勝つことにこだわっていきたい」と意気込みを語った。  今大会では800メートルにも出場している田中。こちらの種目でも、予選をトップ通過しており、2冠へ向け一歩前進した。800メートル決勝は、3日16時30分から行なわれる。 構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】