Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

強い「キズナ」に導かれ・・・憧れの牧場で女性騎乗スタッフが奮闘 競走馬の成長見守る(鳥取・伯耆町)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TSKさんいん中央テレビ

山陰中央テレビ

日本一の競走馬を次々と育てる鳥取県伯耆町の育成牧場大山ヒルズで奮闘するただ一人の女性騎乗スタッフがいます。元気な笑顔の奥には、夢を叶えたいという強い思いと『絆』がありました。 大山の麓・伯耆町にある競走馬の育成牧場・大山ヒルズ。約20人の男性スタッフが働いている中で・・・いました!一際小さな体で競走馬の世話をするのが、住中 凛さん。働き始めて半年、まだ19歳です。 大山ヒルズ・住中 凛さん 「毎日楽しいです。馬に乗れるので」 男性スタッフ 「やる気がでますね。職場が明るくなります。」 先輩スタッフ 「年より扱いされて、気を遣われます。がんばってますよヘコタレナイ(笑)」 住中さん 「へこたれていたらきりがないです。」 大阪府出身の住中さんが大山で働くを決めたのには・・・あることをきっかけにした強い意思から紡がれた『絆』がありました。 大山ヒルズ・住中 凜さん 「キズナがきっかけなんで、ノースヒルズに入りたいと思ってそれで育成牧場がここにあるって」 2013年、ホースマンの夢・日本ダービーで大山ヒルズで育った競走馬・キズナが優勝。 実況 「キズナ捉えた。大外キズナ、キズナ勝ったぁ!」 このレースをテレビで観戦していた住中さんは、キズナに一目ぼれ。しかし翌年、キズナはレース中に骨折、長期離脱を余儀なくされました。当時中学一年生だった住中さんはこの時、人生を変えるある行動に出ます。 大山ヒルズ・住中 凜さん 「お守りを届けに。玄関にかけてますって、言おうと思ったけど、たまたま齋藤さんがいらして・・・。」 ケガをしていたキズナを励まそうと・・・。突然・・・いわゆるアポなしで大山ヒルズを訪れました。 大山ヒルズ・齋藤 慎GM 「びっくりした。覚えていますよ。一人で来るんだもん。まさか本当に入社するとはね。」 高校卒業後、北海道にある調教スタッフの育成施設で1年間学び、そして今年春念願の大山ヒルズに就職しました。身長147センチ、小さな体で世話をするのは500キロを超える競走馬。うまくいかないこともあります。  坂道を一気に駆け上がる競走馬を育てるには欠かせない調教の一つ『坂路』。住中さんがその坂路に向かいますが・・・馬が止まってしまいました。 鞭や足で合図を送り、ようやく走り始めてくれました。 先輩スタッフ 「ちょっとまだへたくそなんです。馬が行きたいのとゴーサインがずれたんでこれも経験。」 」大山ヒルズ・住中凜さん 「前も止まって、引っ張ってもらって、きょうはまだ自分で行けたので次は止まらないように。」 一歩ずつ成長する中、7月に住中さんにとっての『デビュー戦』を迎えました。 7月18日の阪神競馬場新馬戦。住中さんが担当する馬「シェーブルフォイユ」が初めてレースに出走。憧れのキズナの子どもで、名前の意味はフランス語で「スイカズラ」、「愛の絆」という花言葉にちなみ命名されました。デビュー戦は17頭中10着でしたが・・・。 「がんばって最後まで走っていて、嬉しかった。ちゃんとテレビの前で携帯持って、録画した。」 それでも力強く前を見据えています。 大山ヒルズ・住中凜さん 「自分が乗っていた馬が、レースで勝ってくれたらうれしい。まずは一勝を」

山陰中央テレビ

【関連記事】