Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自転車がクルマをあおる時代! なぜ彼らのルールはファジーなのか。「ここがヘンだよ日本のクルマ社会 第七回」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

信号無視、歩道走行、逆走……なんでもあり!? 自転車がクルマをあおって、自転車の運転者が逮捕されるという事件が起こった。クルマのあおり運転は何度もニュースになっているので、良くないことではあるが珍しくないと思っている。しかし自転車のあおり運転は、筆者にとっては初耳だ。 新型コロナウイルス感染拡大に伴って、都市部では公共交通による感染を避ける人たちが自転車移動に切り替えた。さらに多くの飲食店がテイクアウトのサービスを始め、それを自転車でデリバリーする人も増えた。このあたりはかつてウーバーを取り上げた際にも書いたが、筆者が事務所を構える渋谷区でも、自転車の数は本当に多くなったと感じており、ルール違反も目立つようになった。

なぜ日本のサイクリストはここまでルールを守らないのか。1970年に道路法に基づいて改正した道路構造令が原因だと思っている。改正と書いたように、道路構造令は1919年に初めて制定されたもので、この時は2度目の手直しであり、1970年以降も5回以上改正している。 ダブルスタンダードが自転車を危険にする 日本の道路交通法では、自転車は軽車両になる。馬車や人力車、リヤカーと同じカテゴリーだ。軽車両は車両の1ジャンルなので車道を通行する。自転車以外のラインナップを見れば、歩道を通行する乗り物でないことは理解できるはずだ。さらに道路交通法では、車道の左端を走行することも定めている。 1970年の改正は、高度経済成長時代に自動車が急速に増え、交通事故が多発したことを受けたものだった。ここで初めて自転車道と自転車歩行者道(自歩道)が制定された。同時に自転車道の整備等についての法律も作られている。 筆者がスピードメーター付きの自転車で、普通のペースで走ったときの速度は15km/hぐらい。制限速度40km/hの道路だとすると、歩行者と自転車の速度差より、自転車とクルマの速度差のほうが大きい。これが事故につながると考えたのだろう。こうして全国各地に自歩道が生まれ、自転車は歩道を走るようになった。

【関連記事】