Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

静岡から山梨へバスツアー 新型コロナ対策も 作って食べて大満足な日帰旅行

配信

静岡朝日テレビ

 政府のGoToキャンペーンは、東京が除外されました。一方、静岡県は感染者の少ない、山梨、長野、新潟の交流を促進するキャンペーンをあさってから開始します。 静岡県 川勝知事: 「バイ山の州と言って、これは観光、ならびに財とサービスの支え合いということですね」 「我々がGoToキャンペーンをすると言った場合には、この縦に飛ぶと、横つまり東西ではなくて、山梨、長野、新潟と。そこのところで結び合おうということで」 そこで、橋本アナウンサーが静岡からお隣の山梨県を目指すバスツアーを取材しました。

新型コロナ対策もバッチリ

橋本ありすアナウンサー: 「久しぶりに再開となりました県境をまたいでのバスツアー。またバス旅ができるのはうれしいですね。新型コロナ前と後、どのように変わっているのでしょうか?」 新型コロナで変わったのは徹底した感染対策です。出発前、ツアー参加者はアルコールで手を消毒し体温計測してからバスに乗り込みます。大型バスの中は・・ 橋本ありすアナウンサー: 「バスの車内、見てみますと定員は50人のところ、きょうは20人と決めているということなんです。コロナ禍でのバスツアーということで車内での密集を避けるために参加人数を絞っているということです」 「バス旅行の車内は密」といったイメージにより、バスツアーにお客さんが集まらない状況が続いていました。静鉄観光サービスでは対策を徹底的に行い、3月以来、実に3カ月ぶりのバスツアー再開となりました。 バスガイド 秋山由美子さん: 「お待たせいたしました 出発いたします」

開通したばかりの中部横断自動車道で時間も短縮

 今回、県境越えのルートは、去年、静岡と山梨の間で開通したばかりの中部横断自動車道を通ります。静岡市街から山梨県甲府市への道のりは、これまでより30分短縮されました。 バスガイド 秋山由美子さん: 「高低差があるものですから トンネルの数も8つあるということで 富沢インターまでの間に。樽峠のトンネルが一番長く、そちらが静岡県と山梨県の県境になりまして、ここです、はい、・・・山梨県 入りました!」 名調子でガイドを務めるのは、この道25年以上のベテラン・秋山さん。そんな秋山さんも初体験となるのがフェイスシールドです。 Q.フェイスシールドをして、マスクをしてのガイド、いかがですが? バスガイド 秋山由美子さん: 「ものすごく熱いです この中。蒸れちゃって、汗とか。聞こえているかなとか ちょっと不安はありますけど。マスクもしているので」