Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柴咲コウ×森下佳子の『おんな城主 直虎』タッグも NHK“テレワークドラマ”、5月上旬放送決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 NHKが“テレワーク”で制作したドラマ『今だから、新作ドラマ作ってみました』が、5月4日、5日、8日の3夜にわたって放送されることが決定した。 第3夜「転・コウ・生」出演の柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生  現在、新型コロナウイルスの影響により、多くのドラマが当面の収録を見合わせている。そんな状況の中、「不安が募る毎日だからこそ、ほっこりしたり、じんわりしたり、腹を抱えて笑ったり……」という趣旨のもと、打ち合わせやリハーサル、本番収録もすべて“テレワーク”によって生み出されたのが本企画だ。  第3夜「転・コウ・生」の脚本を手がけた森下佳子は、「非常時においてのアートやエンタテイメントの役割の一つは心のワクチンであることだと思ってます」とコメント。「転・コウ・生」に出演する柴咲コウは、「演者である我々の珍妙なやりとりと、垣間見える私生活をお楽しみください」とメッセージを送っている。  5月4日に放送される第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」 の脚本は、『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系)の矢島弘一が担当。満島真之介と前田亜季が出演する。  婚約中の神林五郎(満島真之介)と森本千明(前田亜季)。五郎の転勤のため目下遠距離恋愛中だ。折しもこの春予定していた人生最大のイベント、ハワイでの結婚式は開催が中止に。うまく事が運ばないイライラと会えない寂しさ……。そんな思いを抱えながらも唯一の連絡手段となったビデオチャットで今日も2人のラブラブトークが始まる。ところが些細な行き違いから二人の隔たりがあらわとなり……。  5月5日に放送される第2夜「さよならMyWay!!!」 の脚本は、『お葬式で会いましょう』(NHK総合)の池谷雅夫が担当。日向文世と竹下景子が出演する。  宍戸道男(小日向文世)は40年連れ添った妻・舞子(竹下景子)を脳卒中で失ったばかり。それでも悲しみに耐えながら、自ら営む保険代理店の仕事を今日も真面目に誠実にこなしていた。その時、業務用のパソコンに1件のビデオ電話がかかってくる。画面の向こうにいるのは……。   5月8日に放送される第3夜「転・コウ・生」 の脚本は、『おんな城主 直虎』(NHK総合)の森下佳子が担当。柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生が出演する。  外出自粛で家に閉じこもっていると、「あの人に会いたいな」という気持ちが募る。するとなぜか、「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる珍事が発生し……。シバサキコウがむろつよしと入れ替わり、今度は、タカハシイッセイとも入れ替わって大混乱。果たして3人は元の体に戻れるのか。 ●森下佳子(作)コメント 非常時においてのアートやエンタテイメントの役割の一つは心のワクチンであることだと思ってます。 こんな中でもドラマを作ることに携われる、そんな幸運に恵まれましたからには、笑ったり、ほっこりできたり、少し優しい気持ちになれたり……そんなドラマにしたいなぁと思っております。 お楽しみいただければ幸甚です。よろしくお願いします。 ●柴咲コウ(出演)コメント 最近、実は思考そのものが自分の認識する世界を作っているんじゃないか。 無意識のような私たちの「想い」が、この世界を作り上げているんじゃないか。 そんなことを考えるのです。想像すること、そして「何を想像するのか」がとても大切なのだと。相手を想うことから展開してゆくこのストーリー。 演者である我々の珍妙なやりとりと、垣間見える私生活をお楽しみください。 (リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

【関連記事】