Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

化粧品広告で“シワが消える”は法律違反、一般人の写真を無断使用のケースも…ネット広告が抱える問題点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AbemaTIMES

 “外出自粛”で急増するネットへのアクセス。アカマイ・テクノロジーズによれば、今月8日~11日の4日間のトラフィックは、前年同期比で67%増となっている。それに伴い、必然的に目にする機会が増えるのが「インターネット広告」だ。 【映像】よく見る「〇〇でシミ・シワが改善」広告は違反! なぜレコメンドウィジェット広告が蔓延?見抜く方法は?  しかし、何気なく見ているインターネット広告の中には、一般のユーザーには知られてない数々の闇も存在している。22日の『ABEMA Prime』では、業界の事情に詳しい識者とともに、インターネット広告と付き合う上での注意点を考えた。

■化粧品広告で“シワが消える”は法律違反!

 日本広告審査機構(JARO)に寄せられるインターネット広告に関する苦情は年々増えており、2019年は上半期だけで1907件に達したという。中でも問題視されているものの一つが、多くのニュースサイトが取り入れている「レコメンドウィジェット広告」だ。記事の下の枠に、おすすめの記事と並んで表示され、「PR」と表記されてはいるものの、美容やダイエットなどをテーマにした体験談風のものが多いため、ユーザーにクリックされやすい。また、クリックした先のページはブログ風になっていることが多く、効果・効能を誇大に謳った内容もあり、第三者による本物の口コミだと勘違いしやすいのだ。  インターネット広告の薬機法違反を独自に調査している土橋一夫氏は、特に「ダイエットに成功する」「シワが消える」など、医薬品・医療機器・化粧品などについて定めた薬機法(旧薬事法)に違反する表現に警鐘を鳴らしてきた。「一般化粧品の場合、薬機法で謳ってもいい効能が明確に規定されているので、“この商品は、肌にツヤを与えることができます”であればOKだが、“この商品は、シワ・たるみの改善に繋がります”はNGだ。また、体の変化を数字で表してしまうと、その変化が商品によって確実に起こるという誤解を消費者に与えてしまうと考えられるため、“(左)58kg、(右)43kg”といった体重計の比較画像でビフォー/アフターを示すのは基本的にアウトだ」。

【関連記事】