Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レイズ筒香はオフ覚悟…渋チン球団の“冷たい仕打ち”は1年目でも容赦なし

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 レイズ・筒香嘉智(28)の出番がメッキリと減っている。  ポストシーズン(PS)はここまで13試合中5試合に出場しただけで、13打数2安打の打率.154とカラッキシだ(日本時間17日現在)。  日本人ルーキーがベンチを温めている間、同じ新人でキューバ出身のランディ・アロザレーナ外野手(25)が打線を牽引。ヤンキースとの地区シリーズから、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ15日5戦目までに6本塁打を放っており、新人によるPS本塁打記録に並び、筒香から左翼の定位置を奪った。  仮にチームがワールドシリーズまで駒を進めても、アロザレーナが好調なため、筒香に出番はない。三塁やDHでの出場機会も限られ、相手先発が左腕の際は、スタメンを外されるだけに、控えに甘んじるしかないのだ。  筒香は昨年12月に2年総額1200万ドル(約12億6000万円)と低予算のレイズにしては好条件で入団。今季の年俸は約5億円で、野手ではチーム2番目の高給取りながら、レギュラーシーズンは51試合で157打数31安打の打率.197、8本塁打、24打点。働きは金額に見合わなかった。来季の年俸は7億円に跳ね上がる契約だけに、不良債権化するのは必至だ。  選手の人件費を渋ってきたレイズは、コストパフォーマンスの悪い選手に容赦しない。生え抜きのスター選手やエースであっても、躊躇なく放出してきた。2017年オフには、長らく主砲を務めたロンゴリアの年俸の一部を負担してまでジャイアンツにトレードした過去がある。  メジャー1年目の選手であっても例外はない。筒香は覚悟を決めておいた方がよさそうだ。

【関連記事】