Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上場居酒屋チェーン 緊急事態宣言で4月売上が激減

配信

東京商工リサーチ

 上場居酒屋チェーン8社が5月15日までに、2020年4月の売上を適時開示の「月次報告」やホームページの「お知らせ」などで公表した。  新型コロナ感染拡大に伴う外出自粛や緊急事態宣言で、店舗の休業や時短営業に追い込まれ、上場居酒屋チェーン8社はそろって前年同月より大幅に売上高が落ち込んだ。  最も全店売上が落ち込んだのは鳥貴族で、前年同月の3.8%(▲96.2%)と激減した。直営全店が4月4日~4月30日に臨時休業したことが響いた。  次いで、ワタミ(国内外食事業)の8.1%、チムニーの9.3%、ヴィア・ホールディングスの15.2%、マルシェの15.4%、ダイナックホールディングスの16.2%、アトムの29.2%、NATTY SWANKYの39.7%と、軒並み50%以下だった。  この他、店舗休業で前年比較が難しいなどの理由で、博多劇場を展開する一家ダイニングプロジェクト、とり鉄を展開するJFLAホールディングス、庄やを展開する大庄の3社は、「月次報告」を一時中止した。   また、新型コロナの影響による資金借入を4社が公表した。磯丸水産を展開するSFPホールディングスは75.8億円、鳥貴族は25億円、串カツ田中ホールディングスは21億円をそれぞれ調達した。酔虎伝を展開するマルシェは、5月末までに21億円を調達する予定。  5月14日、政府は39県の緊急事態宣言を解除したが、大手居酒屋チェーンの多くは休業の当面延長や5月末までの休業を決定しており、5月売上も厳しい状況が見込まれている。  鳥貴族は直営全店393店舗の休業を延長していたが、5月18日に19日から大阪、京都、滋賀、兵庫、奈良、岐阜、愛知、三重、静岡に所在する直営店163店舗の営業再開を発表した。同社担当者は東京商工リサーチの取材に対して「163店舗で営業再開するものの、5月売上が4月より改善するかは分からない」と回答した。 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年5月21日号掲載予定「WeeklyTopics」を再編集)

【関連記事】