Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャニーズWEST 重岡大毅、KAT-TUN 上田竜也とのエピソードから浮かぶ相性 ラジオで語った『節約ロック』舞台裏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 ジャニーズWESTの重岡大毅が、8月9日オンエアのラジオ『ジャニーズWEST もぎたて関ジュース』(ラジオ関西)に登場。現在、放送中のドラマ『節約ロック ちょっと特別編』(日本テレビ系)で共演しているKAT-TUN上田竜也との舞台裏のエピソードを明かした。  『節約ロック ちょっと特別編』とは、2019年に放送された『節約ロック』全10話の再放送に、新たな撮り下ろしパートを追加した“ちょっと特別”な新作コンテンツ。浪費家なタカオ(上田竜也)は、恋人・マキコ(藤井美菜)を巡って節約が趣味の稲葉(重岡大毅)を一方的にライバル視していたが、徐々にその関係性は変化。節約術で競り合ううちに、いつの間にか友情が芽生えていく。  放送時間の半分は上田や重岡の変顔、と言っても過言ではない振り切った演技を見せる2人。何事にも猪突猛進で取り組むもどこか不器用でツッコミどころ満載なタカオの性格は、上田の持つ親しみやすさのエッセンスを広げたようにも見える。また重岡も、何事もスマートにこなしつつも、それを鼻にかけることなくグッと距離を詰めてくる人懐っこさは、彼のパーソナルイメージに近い。このドラマを見れば、誰もが上田と重岡のことを愛さずにはいられないはずだ。  そんなドラマの舞台裏では、どんなやりとりが繰り広げられているのか。重岡は「一昨日、ちょうど『節約ロック』撮っとって。朝イチ、いっしょにメイクしとったんやけど。メイクさんが上田くんに“ここ巻き加減どうしましょうか?“って聞いたの。そしたら、上田くんが“何? 打撃が何?”って。もう格闘技のことで頭いっぱいやから(笑)」と暴露。相変わらずな上田に、重岡は思わず「上田くん、何目指してるんですか?」と尋ねたところ「え? 最強!」という言葉が返ってきたという。ドラマに負けず、最高にロックな男だ。 「こんな仲よくなれると思わなかったな~」と嬉しそうに振り返り、「新鮮なんかな? 上田くんにも、ウザ絡みするのよ。それも笑ってくれてさ」と、上田と仲良くなれた理由を探っていく重岡。たしかに、今の上田は鍛え上げた肉体と眼力が強く、一見すると近づきにくいオーラがある。遠慮がちになってしまう後輩のなかで、グッと人のふところに入るのが得意な重岡の存在は、“骨のあるやつ”と映ったのかもしれない。  重岡は、子どもたちの1日父親体験をするバラエティ番組『パパジャニWEST』(TBS)でも、バリバリ反抗期の少年にグイグイと距離を近づける姿が印象的だった。もちろん最初は突き放されるのだが、重岡は一切めげない。ちょっかいを出し続けて、ボケ続けて、そのタフな絡みっぷりに、笑わずにはいられなくなってしまうのだ。  重岡の名前にかけて“ウザ岡”とも呼ばれるが、「ウザい」ほどのコミュニケーションの中に、相手へのまっすぐなリスペクトが垣間見えるからこそ、愛しく思えるのだろう。  「上田くんは、マジで格闘家やからね。だって、最強目指してる男だよ!」と屈託なく語り続けるところにも、上田に対する偽りのない尊敬の眼差しが見える。  そんな重岡に対して、上田も『ちょっと特別編』をスタートするにあたり「共演してわかったんですけど、僕と重岡、相性がいいんですよね。僕らの関係性もレベルアップして、タカオと稲葉の良いコンビ感を出したいと思います。 あとは、新しい格闘技を始めたので、重岡には、ぜひ体感してもらいたい(笑)」とコメントを寄せていた。  一方、重岡も「上田くんが僕に新しい格闘技のワザをかけようとしているので、必要以上に“ソーシャルディスタンス(距離)”をとって撮影したいと思います!」と返していたのが印象的だ。  新型コロナウイルスの影響によって、『節約ロック』が放送された当時よりも「節約」や「人との距離感」について考えるタイミングが増えた。そんな今こそ、お金と向き合うなら、ロックに楽しく! 物理的な距離は取りながらも、心の距離は笑えるくらいのウザさがあってもいいじゃないか! 上田&重岡コンビはドラマでも素のやり取りでも、このモヤモヤとストレスの多い日々に、カラッとした笑いを届けてくれる一服の清涼剤となってくれそうだ。

佐藤結衣

【関連記事】