Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

交渉の末、活動終了のサンウルブズ。これまでの背景と今後へ。

配信

VICTORY

日本唯一のプロラグビーチーム、サンウルブズが岐路に立たされている。 国際リーグのスーパーラグビーに日本から加わって代表チームの強化を支えてきたが、参戦最終年の今季は志半ばでシーズン終了を余儀なくされた。これまでの背景と今後に迫る。

一般社団法人ジャパンエスアール(JSRA)が2020年6月2日にオンライン会見を開いたのは、JSRAが運営するサンウルブズが残されたシーズンを戦えなくなったからだ。 画面に映るのはJSRAの渡瀬裕司CEO。金融畑でキャリアを積んできた元慶大ラグビー部監督は、「支えてくれたスポンサーの皆様には申し訳ない気持ちです。何より選手、スタッフは無念だと思います」と謝意を示す。 別画面に映った大久保直弥ヘッドコーチは、「率直に言って、こういう終わり方になったことは残念です」。かつて法大でこの競技と出会って日本代表入りしたプロコーチは、誠実に言葉を選んだ。 「…ただ、この2か月、もう一度プレーできるように渡瀬さんをはじめ多くの方が現場、選手のために一生懸命、交渉を粘り強く続けている姿を横で見させていただいていましたので、本当に、納得しています」

■コロナ禍における激動の日々

サンウルブズは2016年よりスーパーラグビーに加わる多国籍軍で、日本代表とも選手や戦術を共有するなどして強化に付与。ワールドカップ日本大会での8強入りを支えていた。 しかし今季は新型コロナウイルスの感染拡大のため、3月14日にシーズン中断を知らされた。それまでの間も、日本でのウイルス流行のため予定されていたホームゲームはできなくなっていた。 以後は5チームを輩出するニュージーランド、4チームを輩出するオーストラリアが国内リーグの実施に動いた。もともとオーストラリアカンファレンスに加盟していたサンウルブズは、そのオーストラリア側のリーグへ過去にスーパーラグビーを離れたチームなどと一緒に加わるよう、アプローチを図ってきた。もし参戦が叶う場合の移動費や宿泊費を、リーグ統括団体のSANZAARにどこまでカバーしてもらえるかについても話を持ち掛けた。 サンウルブズには、現時点で国境を閉鎖している南アフリカ出身の選手も在籍する。そのためこの時期には、当該選手の抜けた穴を日本人選手で補填するための動きもなくはなかった。 現地入り後のホームタウンは、もともと代替ホームゲームを実施したクイーンズランド州が想定されていた。ところが時間を重ねるごとに、JSRAは先方の警戒心を勘案してニューサウスウェールズ州に切り替えた。 一時はメディアを通じて交渉経過が発信されたが、5月下旬の時点で申し込まれた取材にJSRAは「チームを取り巻く状況が変化しており非常にセンシティブな時期に入っております」「状況がクリアになるまではお受けするのを控えさせて頂きたく存じます」と文書で返答している。大久保が語った「交渉を粘り強く続けている姿」の、これが背景だったのだろう。

【関連記事】