Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

甲子園の“元アイドル”、任意引退から14年ぶり優勝の“救世主”に/プロ野球20世紀・不屈の物語【1983~92年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

3度の手術で3年のブランク

 1980年代のヤクルトは、決して強いとは言えないチームだった。いや、弱かったと言い切っていいかもしれない。80年の2位が唯一のAクラスで、以降4度の最下位。だが、明るいチームだった。陽性の新人が続々と入団。特にインパクトが大きかった新人を新しい順に挙げていくと、88年に入団したのが長嶋一茂だ。言うまでもなく、“ミスター・プロ野球”長嶋茂雄(巨人)の長男。現在はタレントとして、そのキャラクターで活躍している。  打者でさかのぼっていくと、86年には広沢克己、84年には池山隆寛が加入。ともに本塁打か三振かの豪快なバッティングで“イケトラ・コンビ”と呼ばれて人気を集めた。現在の日本ハム監督で、池山と同期で入団した栗山英樹については、すでに紹介している。70年代を知る面々が捕手の八重樫幸雄、内野手の角富士夫に外野手の杉浦享(亨)と渋い顔ぶれの一方で、明るい時代を象徴するような若者たちだった。  投手では87年に入団した内藤尚行が“ギャオス”の異名で人気を博したが、人気の面ではドラフト1位で83年に入団した荒木大輔は圧倒的、いや、別次元だったといえる。早実で1年生の夏から甲子園に出場し、いきなり4試合連続で完封。甘いマスクで女性から絶大な人気を獲得して、決勝で敗れたことも拍車をかけていく。以降3年生の夏まで連続で出場。“大ちゃんフィーバー”はヤクルトへ入団しても沈静化せず、女性ファンが荒木に群がって混乱するのを避けるため、総工費5000万円をかけてクラブハウスから神宮球場への地下通路“荒木トンネル”が作られたという伝説も残る。  異様な人気の渦中にあっても、誰よりも冷静だったのは荒木かもしれない。ただ、人気が別格なだけに、どうしても人気が先行しているように見えてしまう。プロ野球にとって人気は重要な要素ではあるが、それも度が過ぎると運命が狂うものだ。その13年前、70年に三沢高から近鉄へ入団して人気の過熱に苦しんだ“元祖アイドル”太田幸司についても紹介しているが、荒木も似た道を歩みかけていたように見えた。  1年目にプロ初勝利も、その1勝のみ。2年目の84年はゼロ勝に終わる。それでも翌85年から6勝、8勝と着実に勝ち星を増やし、87年には初の2ケタ10勝を挙げた。だが、それが最後の2ケタ勝利となる。88年には3勝も、89年から91年まで一軍登板なし。原因は右ヒジ痛だった。88年8月に手術、11月に再手術、89年9月にも3度目の手術。90年には任意引退となり、さらに椎間板ヘルニアまで発症する。ただ、その90年に野村克也監督が就任。南海の兼任監督としても多くの投手を再生させてきた名将だ。運命の歯車は、目に見えないところで静かに回り始めていた。

【関連記事】