Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優ハル・ベリー、「トランスジェンダー役を検討していた」ことを謝罪!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 次の作品でトランスジェンダーの男性役を検討中のハル・ベリーを、批評家たちが直ちに厳しく非難した。オンラインで激しく批判されたベリーは、声明を出して謝罪し、役から身を引くと発表した。  ベリーがトランスジェンダー役を提案されたと明かしたのは、ヘアスタイリスト、クリスティン・ブラウンとインスタライブで話していた時。「その世界を経験してみたい。その世界のことを理解したいの」と彼女。 【写真】新しい気付きをくれる、BESTトランスジェンダー映画11本 が、シスジェンダーの俳優がトランスジェンダーを演じるべきではなく、ハリウッドではトランスジェンダーの人は仕事が少ないのだからなおさらだと、ベリーの発言を問題視した人が多かった。

「週末、次の作品で私がトランスジェンダーの男性役を検討していることについて議論する機会を持った結果、私は自分が言ったことを謝罪したいと思います。シスジェンダーの女性である私はこの役を検討すべきではなく、明らかにトランスジェンダーコミュニティが自分たちのストーリーを語るチャンスを持つべきだと、今は理解しています」とベリーはツイッターに声明を出した。 「私はこの数日間のガイダンスや批判的な会話に感謝するとともに、今後も意見を聞き、自分を教育し、過ちから学んでいきます。役者とスタッフの両方で、映画にもっと良い表現がなされるよう自分の声を使って推進し、協力者となることを誓います」

LGBTQ+の擁護グループGLAADは、ベリーの声明にツイッターで次のように反応した。「@halleberryがトランスジェンダーの人々の懸念に耳を傾け、彼らから学んでくれたことを私たちは嬉しく思います。他のパワフルな人々も同じことをするべきです。まずは@Disclosure_Docを見て、メディアにおけるトランスについて学ぶことから始めるといいですね」と返事。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】