Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アントニオ猪木が「喜寿を祝う会」で長州に闘魂ビンタ

配信

TOKYO HEADLINE WEB

 2月20日に77歳の誕生日を迎えたアントニオ猪木の「喜寿を祝う会」が同日、東京都内のホテルで開催された。 高田延彦が安倍首相のやじに…  オープニングではかつて金曜8時の「ワールドプロレスリング」で実況を務めたフリーアナウンサー古舘伊知郎氏がマイクを握り、猪木の幼少期から力道山に見いだされてのプロレス入りのいきさつ、新日本プロレスでの活躍。そしてプロレスの枠を超えて国会議員としても活躍した猪木の半生をかつての名調子で語り上げ、猪木を呼び込むと猪木は仁王像が描かれた入り口をぶち破って登場。そして第一声はやはり「元気ですかー」。  この仁王像を破っての登場は猪木の師匠の力道山が眠る池上本門寺の本堂の両脇にある仁王像が猪木をモデルに作られたことにちなんでのこと。

 猪木は「77歳ということで、あれ? 俺もそんなになっちゃったかなと思いました(笑)。ということで今日からまた新しいスタートを歩みだそうと思っております。“花に嵐のたとえあり、さよならだけが人生だ”ということで、人は出会いと別れの交差点。そして今日こうして皆さんがお越しいただいたのも明日への大きな大きな贈り物ということで、今日は本当にありがとうございました」などと挨拶した。  そして「去年はいろいろあって車いすのお世話にもなったんですが、皆さんに元気をください。皆さんのほうが元気じゃないですか(笑)。いろいろなことがありますが元気が何よりということで」と「ダー」で締めくくった。

 猪木の喜寿にあたってはボクシングの6階級制覇王者のマニー・パッキャオから映像でお祝いメッセージが贈られた。  またプロレスファンで知られるケミストリーの川畑要と新日本プロレス時代に長く猪木の付き人を務めた藤原喜明がお祝いに駆け付けた。藤原は「だいぶ前に猪木さんが酔っ払って、“俺の親族で77歳以上生きた奴は一人もいないんだよ”と、心細そうに言っていてかわいいなと思っていました。77歳まで生きましたね。これからも10年も20年も長生きしてください。おめでとうございます」と挨拶した。

【関連記事】