Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国で急成長のカフェが経営危機 粉飾決算、米の視線厳しく

配信

共同通信

 【上海共同】中国で米スターバックスのライバルとして急成長していた新興コーヒーチェーン、瑞幸珈琲(ラッキンコーヒー)が経営危機にひんしている。今月2日、2019年12月期決算で売上高約22億元(約340億円)を水増しするなどの不正があったと発表し、米ナスダック市場に上場する同社の株価は暴落。米市場が中国新興企業に向ける視線も厳しさを増している。  ラッキンは18年1月に北京の1号店で営業を開始した。アプリを使った出前サービスを重視し、スタバより低価格で商品を提供。瞬く間に中国全土に店舗網を広げ、19年末時点の店舗数は4500超で、約4300のスタバを超えた。

【関連記事】