Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食洗機にマイボトルはNGって知ってました?「ボトルホルダー」開発に尽力した二大メーカーの異業種コラボ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GetNavi web

9月1日、パナソニックがマイボトル対応食洗機を、サーモスが食洗機対応マイボトルを同時に発売しました。えっ? てことは普通のマイボトルは食器洗い乾燥機に入れちゃダメってこと? 筆者はいままで、何も考えずボトルを食洗機にぶちこんでいましたが、そうですか、ダメでしたか……。

マイボトルユーザーの不満を解消する食洗機が誕生した経緯

でも、そういえば、食洗機でマイボトルを洗う際は使い勝手が良くなかったんですよね。ボトルが細長く不安定なので、洗浄が終わってドアを開けると、手前に倒れ込んでくることも。これを見ると、食洗機の強い水流に踊らされて、しっかり洗えてないんだろうな……と残念な気持ちになります。時々、ボトルの底に汚れが残っているし……。 と、このようなユーザーの不満を解消する新製品が、先述のマイボトル対応食洗機、パナソニックの「NP-TZ300」(実売価格11万円・工事費別)です。

このNP-TZ300の開発の経緯について、パナソニックの食洗機の企画を担当する山田恭平さんが、次のように話してくれました。 「食洗機は普及率30%の手前で伸び悩んでいたので、基本的な洗浄力に加えてもう1つ、消費者を動かす別の視点が必要だと常々感じていたんです。そこで、2019年の春、2020年モデルの開発計画を立てる際、2020年は『増税10%・レジ袋有料化・脱ペットボトル』などの流れにより、エコ意識と節約意識が高まるだろうと想定。これに沿った機能はないか? と考えたところ、マイボトルに行き着きました。マイボトル需要はさらに高まるだろうから、それを簡単に洗える仕組みを作れば、食洗機も注目してもらえるのではないか、と。そこで調べてみたら、そもそも世にある真空マグボトルのほとんどが食洗機に対応していないことがわかったんです。これはマズイなと思いました」 筆者の家にも複数メーカーのボトルが10本ほどありますが、よくよく調べてみると、確かに全てが食洗機非対応。いやぁ、知らなかった……。とはいえ、筆者の場合は自己責任だからいいですが、パナソニックとしては「知らなかった」では済まされません。食洗機で洗えるボトルがほとんど存在しないのに、ボトル対応の食洗機を発売しても意味がない。そんなことをしたら、メーカーとしての信用を失ってしまいます。しかし、ここで山田さんに逆転の発想が生まれたのだそう。「世の中に食洗機対応のボトルがないのであれば、作ってしまえばいい。それが新しい価値になる」と考えたのだとか。