Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イベントも収録もできない! コロナ禍によって変化するコンテンツ発信のスタンダード

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

こんにちは、テレビ東京の明坂です。 前回記事を書いてから2か月ほどたち、その間に緊急事態宣言などにより世間が大きく変化しました。 私が働いているテレビを始めとしたエンタメ業界もまた、リアルイベントの中止や番組収録の中止、スタジオ収録でもソーシャルディスタンスを保つため出演者にZOOMで参加していただくといった、今まででは思いもよらないような大きな変化が起こっています。 おそらくこれは長い時間軸の中では起こるべき変化が急激に起こったにすぎません。このような変化によって、テレビ局やタレントといった業界のプレイヤーおよびデジタルコンテンツはどのように変化していくでしょうか。私なりに考察してみます。  

急速に増えた個人主動動画コンテンツの今後

音楽やお笑いを始めとした多くのリアルイベントが延期もしくは中止になり、多くのタレントさんやアイドルの方が自らYouTubeチャンネルを始めました。 イベントやテレビ番組の収録ができずファンとのコミュニケーション機会がない今、スマホ1つあればコンテンツを発信することができるのがYouTubeの強み。STAY HOMEによって参入が加速されたという背景がありますが、本来YouTubeなどのデジタル上のリッチコンテンツはテレビともリアルイベントとも役割の違うもので、マーケティング上有効活用するべきものだと思います。 そう思う要素は大きく2つあります。1つはテレビなどでは演出や尺の都合でできないような話や、出演者の意向をダイレクトに反映させた企画などが発信できること。このダイレクトさは言い換えると近い距離感=親近感とも言えます。 もう1つは消費のしやすさです。時間や場所の制約があるリアルイベントや、配信枠の制約があるテレビを含む外部のメディアと違い、毎日でもコンテンツを配信できますし、そして視聴者はいつでもどこでも好きなタイミングでそれを消費することができます。 今は一時的にできることにリソースが注がれている状態だとは思いますが、“テレビの代替”でも“あまたあるチャネルの1つ”でもなく、YouTubeでこそ実現できる体験を提供するチャネルとして捉え活用できるかが、今後継続的なアクションになれるかの分かれ目だと思います。