Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1.2トンの鉄柱が落下 下敷きの男性死亡 (静岡県)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 9月22日富士宮市の工場で、フォークリフトから重さ1トンを超える鉄柱が落下し、作業していた男性が下敷きになり死亡しました。   9月22日、午後3時半ごろ、富士宮市北山のリサイクル工場で、フォークリフトに重りとなる鉄柱を乗せ紙のゴミを圧縮していたところ、鉄柱が落下しました。鉄柱は、フォークリフトの横で作業していた従業員の男性(53)を直撃し、下敷きになった男性は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。警察によりますと、鉄柱は直径60センチ、高さ150センチで、重さは1.2トンあったということです。警察は、鉄柱を安全に固定していなかった可能性もあるとして、業務上過失致死の疑いも視野に事故の原因を調べています。

静岡放送(SBS)

【関連記事】