Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“腸活最強食材”キノコたっぷり豆腐ハンバーグ。電子レンジでラクラク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

太りにくい体づくりに欠かせないのが、腸内環境を整え活性化させる「腸活」。 キノコは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく豊富に含んでいるため、“腸活最強食材”と言われています。 ラップが不要に!使いかけ野菜を冷蔵庫保存するときのコツ 今回はそんなキノコを使った「キノコたっぷり豆腐ハンバーグ」のレシピをご紹介します。しかも電子レンジで加熱するだけなのでラクちん!

腸活最強食材のキノコをふんだんにのせた、ふわふわ触感のハンバーグ

●キノコたっぷり豆腐ハンバーグ レンジ調理でこのふわふわ触感は感動もの。キノコは肉ダネの中に入れず、上にのせて加熱することでボリューム感もたっぷりになります。 【材料(4人分)】 ・エノキダケ、シメジ 各1パック(各100g) ・豆腐(木綿) 1と1/2パック(450g) ・合いびき肉 200g ・タマネギ 1/2(100g) ・A[片栗粉大さじ2 塩小さじ1/2 粗びきコショウ(黒)少し] ・ポン酢しょうゆ 大さじ4 ・青ジソ(細切り) 10枚 【つくり方】 (1) エノキは根元を除き、ほぐして長さ2~3等分に切る。シメジは石づきを除き、小房に分ける。 (2) 豆腐はペーパータオルに包んで重しをし、10分ほどおいて水きりする。タマネギはみじん切りにする。 (3) ボウルにひき肉、(2)の豆腐を入れてよく混ぜてからタマネギとAを加え、よく練り混ぜる。4等分し、ハンバーグ形に成形する。 (4) 耐熱皿に(3)を並べ入れて(1)をのせ、ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で12分加熱し、そのまま2分おいて蒸らす。器に盛ってポン酢しょうゆをかけ青ジソを散らす。 [1人分263kcal]

<ポイント> キノコは肉ダネに入れず、上にのせてレンチンするのがポイントです。 <料理/藤井恵 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

【関連記事】