Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永瀬廉&山下大輝「タンにします?」高級肉トークが盛り上がり、MCにツッコまれる<弱虫ペダル>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

永瀬廉(King & Prince)主演映画「弱虫ペダル」(公開中)の公開感謝特別舞台あいさつが9月5日に東京・丸の内ピカデリー1で行われ、永瀬とアニメ版「弱虫ペダル」の小野田坂道役・山下大輝が登壇した。 【写真を見る】永瀬廉、あいうえお作文対決で勝利し、商品の高級肉セットをゲット! 実写版・坂道(永瀬)とアニメ版・坂道(山下)の共演が実現し、会場のボルテージが高まる中、永瀬は過酷だった撮影について振り返りつつ「映画を見てくれた皆さんから『面白かった!』と言っていただけて…本当に頑張って良かったです!」とあいさつ。 映画の感想を聞かれ、山下は「走ってるときの必死な姿と楽しそうに走る姿は、まさしく坂道でした!」と永瀬が演じた坂道を絶賛する。 また、原作者・渡辺航はビデオメッセージで「このCG全盛期にCGを一切使わない、キャストの本気の演技に感動しました!」とお墨付きのコメント。さらに、「残念ながら今日は会場には行けませんが楽しんでください! 僕も客席でお二人の弱ペダ愛を感じたかった!」と悔しさをにじませた。 そして、「弱虫ペダル」の魅力について永瀬は「弱虫ペダルはキャラクターがよく作りこまれていて、レースでも敵も味方も両方応援したくなりますよね! 人間味があふれている!」と熱く語る。 山下も「見たら見た分だけ、新しい魅力を感じられる作品。友情と努力を体現する姿が、本当に格好良いですよね!」と、弱ペダ愛を爆発させた。 さらに、ファン待望のアフレコ企画がスタート。事前にSNSでの投票で決定した劇中の永瀬のせりふに山下が声を当てるという、映画とアニメの垣根を超えた夢のコラボレーションに、永瀬は「本当にアフレコしてもらっていいんですか!? 見るだけなのに緊張してます!」と始まる前から興奮気味。 緊張感が漂う中、生アフレコを終えると永瀬は「ほんとにやばい…全身で感じました! 今日、僕あまりお金持ってきてないですけど大丈夫ですか!?」と、さらにヒートアップ。 山下も「心臓がバクバク…ハイケイデンスです…!」と興奮した上で、「このせりふは、アニメの坂道のオーディションのときから言っていたせりふで思い入れがあります。再びこのような場で、このせりふを言う日が来るとは思ってなかったです」と振り返りながら、エピソードを明かす。 また、2人は弱ペダ愛をあいうえお作文で表現することに。テーマは映画にちなみ「さ・か・み・ち」に決定。 司会者から、2人が作ったあいうえお作文のどちらが良かったかを会場の観客からの投票で決めることが明かされると、「先日の川柳対決で痛い目を見ているので…仲良くいきません?」と後ろ向きな永瀬。 先日の川柳対決では、罰ゲームで苦いセンブリ茶を飲まされ文字通り苦汁をなめさせられた永瀬だが、今回は勝利した方に高級肉セットがプレゼントされることが発表されると、表情が一転。「マジですか! どの部位ですか!? 選べるんですか!?」と、この日1番の笑顔を見せる。 互いの作文を発表し、観客からの投票を待っている間には、9月7日に誕生日を迎える山下のためにバースデーケーキが登場。サプライズに驚きながらも、山下は「坂道君らしく、逆境を乗り越える1年にしていきたいです!」と抱負を語った。 その後、あいうえお作文対決の集計結果が発表され、永瀬が勝利。「山下さん!一緒に肉食べましょう!」と肉好きの山下を誘うと、「本当ですか! タンにします? それともハラミ?」と山下もうれしそうに返答。 舞台あいさつ中であることを忘れて、どの部位の肉にするか真剣に相談する流れになり、司会者から「後にしてください!(笑)」とツッコまれていた。 最後に、永瀬は「山下さんと、そして観客の皆さまと一緒に、すてきなイベントができて幸せでした」と締めくくった。(ザテレビジョン)

【関連記事】