Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

総額10億円配布の“前澤実験”にひろゆき氏「ベーシックインカムと呼ぶべきではない」 月7万支給で日本は変わるのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「毎月15万円をこれから3年間、無条件でずっとあげます」。来年春からドイツで、18歳以上の希望者に毎月1200ユーロ(約15万円)を支給するという、国をあげての社会実験が行われようとしている。受付開始から我先にと100万人が応募したそうだが、実際に受け取れるのは抽選で選ばれた120人。この実験は単なるばら撒きではなく、政府が生活に最低限必要な現金を一律に支給する「ベーシックインカム」という考え方に基づいている。 【映像】“前澤実験”にひろゆき氏が指摘  新型コロナウイルスの影響により、世界中が今ベーシックインカムに注目している。日本でも5月、所得制限もなく一律10万円が支給された「特別定額給付金」があった。多くの国が同様の対策を打ち出し、コロナ不況を救う経済政策とまで言われている。

 ベーシックインカムをすでに日本でも実践しているのが、“お金配りおじさん”と称しTwitterを使って現金を配っている株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏。1000人に100万円ずつ総額10億円を配布。何の苦労もなく大金を手にした人は一体何に使うのか、どんなチャレンジに踏み切るのか。ライフスタイルの変化に関するデータを集める壮大な社会実験だ。  11日の『ABEMA Prime』は、その実験に研究者として参加している駒沢大学経済学部准教授の井上智洋氏と、同じくベーシックインカムに賛成派の2ちゃんねる創設者・西村博之(ひろゆき)氏らとともに議論した。

■“前澤実験”にひろゆき氏「ベーシックインカムと呼ぶべきでない」

 「前澤式ベーシックインカム社会実験」は2020年の元日、前澤氏の発表からスタート。1000人に100万円、総額10億円をランダムに配り、使い方は手にした人の自由。100万円というきっかけを手にした人たちにアンケート調査を行い、働き方や考え方を含めた変化を見ることで、ベーシックインカムの検討につなげることが狙いだ。  調査対象は、「100万円を4月に一括受け取り(250名)」「100万円を10月に一括受け取り(250名)」「100万円を1年間分割で受け取り(500名)」「100万円は受け取らないが、この社会実験に参加する人(78,117名)」の4グループに分かれている。

【関連記事】