Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】廣戸がチームを救う!創価が苦しみながらも延長戦の末に明学東村山を下す

配信

高校サッカードットコム

大会開催の中止・延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【フォトギャラリー】創価 vs 明学東村山 【2019.08.22 第98回全国高校サッカー選手権東京予選 ブロック決勝 創価 vs 明学東村山】  8月22日、第98回全国高校サッカー選手権東京予選の1次予選ブロック決勝で創価が苦しみながらも延長戦の末に明学東村山を6-4で下し1次予選突破を決めた。  9番山田凌雅と7番宮本航が決め明学東村山が2点を先取。2点のビハインドを背負うこととなった創価は9番小林城就の得点で前半のうちに1点を返し、ハーフタイムへ。  創価は3番谷村侑紀と4番中澤勇輝が恵まれた身体を活かし相手の攻撃を跳ね返す。9番小林城就は勝負師として前線で働き、10番廣戸励がチームをけん引する。明学東村山は10番疋田周がスピード活かしたドリブルを見せ、7番宮本航は中盤でタメを作り、高い位置で勝負する。  後半早い時間に創価は10番廣戸の右サイドからのコーナーに、4番中澤がヘディングて合わせ見事にゴールを決め、試合を振り出しに戻す。しかし、後半15分に明学東村山は7番宮本が左サイドで相手DF3人をすり抜けながらゴールに迫ると、キーパーとの1対1を流し込み勝ち越しに成功。更に明学東村山は10番疋田が左サイドで7番宮本をオーバーラップし、ボールを得てカットインからシュートまでいくと、スーパーゴールが右サイド上隅に決まり、再びリードを2点に広げる。  このままでは終われない創価は途中出場の23番宮下誠一が左サイドから強烈なドライブシュートを左足で決め、1点を返し勢いづくと今度はボックス内で10番廣戸がPKを獲得。これを廣戸が自ら決め再びタイスコアとし、勝負は延長戦へ。延長7分、創価は10番廣戸が裏でもらい右サイドからシュートを放つと、これが見事にゴール左サイドネットを揺らしついに逆転に成功。更に終了間際にも11番酒井隆がダメ押しゴールを決め6-4と突き放し、勝負をモノにした。  精度の高い左サイドからのカウンターを見せ、格上相手に勝利目前まで迫った明学東村山だったが、惜しくもブロック決勝で姿を消した。勝った創価は苦しみながらも10番廣戸励の活躍により2次トーナメントへの切符を手にした。

【関連記事】