Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

面接で落ちる理由は?企業が不採用を決める根拠と、次から準備できることを知りたい【就活なんでも相談室】Vol.10

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
就職ジャーナル

何社受けても面接がうまくいかず、内定がもらえない…。 自分なりに面接準備をして臨んでいるだけに「落ちる理由がわからない」「どう改善すればいいのかわからない」と悩んでいる学生は少なくないようです。 そんな悩める就活生の相談を、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。 今回、学生への就活サポートとして行っている取り組みから、企業から実際にヒアリングした「面接で採用を見送る理由」として多かったものを事例と共にピックアップしました。どうして面接がうまくいかないのか、自力での面接準備に限界を感じている人たちのために、改善策と併せてご紹介していきます。同じ迷いや悩みを抱える就活生は、きっとヒントが見つかるでしょう。 プロフィール 佐藤光紘(さとう・みつひろ)キャリアアドバイザー。2017年に株式会社リクルートキャリアに新卒入社。以来、一貫して新卒の学生向けのアドバイザー業務に従事。関西のキャリアアドバイザー組織の立ち上げにも携わり、西日本の学生の就活サポートに力を注いでいる。

今回のご相談「面接で落ちる理由がわかりません」

面接で落ちる理由がわかりません。何社か受ける中では、面接で採用担当者と会話が弾み、手ごたえを感じることもありました。しかし内定にまで至らず、原因もわからないため、気分も落ち込むばかりです。 企業はどういう理由で不採用とするのでしょうか? どうしたら内定がもらるようになるのか、改善策と併せて知りたいです。

学生が相談に来る理由として「面接で落ちてしまう」は多い

「内定がもらえない」と相談する学生に多いのは、「書類選考は通っても面接でうまくいかないケース」です。履歴書やエントリーシートは、文字数は限られてしまいますが、書き方のテクニックを参考にできるので、意外とうまく書けて、書類選考は通る場合が多いのでしょう。それだけに、採用担当者も書類だけでは評価しきれないのが本音でしょう。ところが、いざ面接で深掘りしてみると、採用担当者が知りたいことの詳細が出てこないので、結局内定にまで至らないのだと思います。 私たちキャリアアドバイザーは、学生と面談する際、「これまで受けてきた面接が、なぜうまくいかなかったと思うのか」を聞いています。本人なりに考えた理由を聞いてみると「自己PRを語っている途中でつかえてしまい、うまく言えなかった」「結論から簡潔に話せなかった」など、テクニック面を反省している学生が多いようです。 しかし、採用担当者が実際に見ているのは、そのような表面的なことではなく、その学生と自社との間に接点があるかどうかということ。そのため、改善のためにいくら面接のテクニックを磨いても、そこだけに終始していると、また同じような結果を招いてしまう可能性があるのです。面接がうまくいかなかった理由を振り返る際は、企業がどういった観点で学生を見ているのかを考慮することが大切でしょう。