Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新しいモノ好き必見! 新宿と有楽町にオープンしたb8taは『存在自体が新しい』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

店舗の存在自体が新しい

「シリコンバレー発のb8ta(ベータ)というお店が日本にオープンしたよ!」「キックスターターで買えるような目新しい製品がお店で買えるらしいよ!」という話を知人から聞いて、さっそく足を運んだ。 結論から言うと、上記は若干誤解を含んでいる。この店舗は、かならずしもクラウドファンディングで売ってるような目新しい商品を取り扱うことをテーマとしているわけではない。 むしろ、目新しいのはこの店の「存在」自体なのだ。

さっそく、ベータ・ジャパンの代表、カントリーマネージャーを務める北川卓司さんに話を聞いた。

北川さんはダイソンのリテールマネージャーとして、表参道に世界初の旗艦店をオープン、東京統括部長として5年間働いた後に、USで始まったb8taのビジネスに興味を持ち、日本進出を考えるならやりたいと声をかけて、日本でのb8taオープンの道を切り開いたという。

小売り店なのに、売り上げ自体が目標ではない……とは?

b8taは「新しいテクノロジーを試して購入するために、デザインされた小売店」だという。並んでいるのは、かならずしもデジタルガジェットばかりではなく、ライフスタイル製品全般のように思える。コスメや、サプリのような商品もある。 「b8taは新しいカタチの小売店です。販売を主目的にしているわけではないので、かならずしも店舗で購入していただかなくてもいい。試したあとで、オンラインで各ブランドのウェブサイトから購入してもらってもいい」と北川さん。 小売店なのに、販売を主目的としていないとはどういうことか? 現代の小売店にとって、ネット販売との競合は大きな問題となっている。 たとえば、家電量販店の店頭で実物を見て、購入するのはAmazon……というようなシーンは容易に想像できると思う。 マナー的には良くないことだとは思うが、店頭からモノを持って帰るより、直接宅配してもらう方が楽だ。その場合、小売店は高い家賃を払って、スタッフを雇って、展示品を用意して、ネットショップの展示ブースのような役割しか果たせてない。 「競合店の価格と同じまで値引きします」という張り紙は多く見られるが、そもそもさまざまなコスト負担が発生する小売店の方が圧倒的に不利だ。 対して、b8taは『売り上げを目指さない』という点において、革命的な小売店なのだ。「ここで触って、ネットショップで買ってくれていい」というのだ。 (音に追従し、ゆらゆらと光がゆらめくBALMUDAのThe Speaker。360度、全方位に広がる抜け感の良いサウンドが魅力。)

【関連記事】

最終更新:
FUNQ