Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

そら豆とビーストマシンきました!サムスンが今日発表した新製品まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

やってきました、Galaxy星団! 本日ストリーミング配信されたSamsung(サムスン)発表イベント「Galaxy Unpacked 2020」。見逃したみなさまのために録画とポイントをまとめておきます。 【全画像をみる】そら豆とビーストマシンきました!サムスンが今日発表した新製品まとめ なんか、ミュートされた視聴者に司会者が話しかけるたびにシーンとなってテンション下がりますけど、発表の中身はすばらしくて、スマホはもちろん、ヘッドフォン、タブレット、ウォッチの市場でもAppleと互角に渡り合える体力を蓄えてきた感を強くしました。

Samsung Galaxy Z Fold 2

今日の主役はもちろん最後を飾った新Galaxy Zフォールド! フィルム剥がしの瞬死で泣いた過去と決別すべく、今度はものすご~く薄いガラスで7.7型ディスプレイを保護しました。これなら剥がしたくなる衝動も抑えられそう。Qualcommがハイエンド向けに開発した最強プロセッサのSnapdragon 865 Plus搭載で、内蔵メモリーは12GB、ストレージはMAXで半テラバイト。 内側のカメラ位置は好き嫌いが分かれそうだけど、何から何まで前モデルからスペックアップしています。Samsungスマホならお金を惜しまない!というファンのために、「Thom Browne」エディションなるものも用意しました。これなら、同じカラバリのGalaxy Buds LiveとGalaxy Watch 3もセットで含まれているみたい。 気になるお値段は不詳ですが、予約開始は9月を予定しています。

Galaxy Note 20とGalaxy Note 20 Ultra

続きまして毎年8月の風物詩、Note。こちらも例年どおり発表になりました。新モデルのGalaxy Note 20とGalaxy Note 20 Ultraはどちらもモンスターマシンです。特にUltraがすごくて、洗練度もウルトラなら、お値段もウルトラな1300ドル(日本公式サイトはもうライブになっていますが、日本市場での発売日と価格は未定です)。 6.9インチのダイナミック有機ELディスプレイは、120Hz駆動で、ダイナミックリフレッシュレート採用(ゲーム用モニターでよくあるけど、たぶんスマホではS20とこれが初めて)なので、ゲームもモリモリ遊べますよ。Snapdragon 865 Plus内蔵で、メモリーは12GB、ストレージは128GB。巨大な4,500 mAhバッテリーもド~ンと入りました。 無印のGalaxy Note 20と違うところは、12MPの5倍光学ズーム(ハイブリッドズームで最大50倍までいけます)、108MPのメインカメラ、12MPの超広角カメラがあることと、レーザーの力でオートフォーカスするシステムが新たに入ったこと。 そんなにすごいカメラ積んでどうする!という方にはNote 20がぴったり。300ドル(3万2000円近く)も安いのに、Ultraと同じ 6.9インチの有機ELディスプレイ、Snapdragon 865 Plusで、内蔵メモリーは8GB。リフレッシュモードは変動型ではなくて、60Hzで固定なので、Ultraほど滑らかじゃないし、安い分、microSDスロットも、レーザーのオートフォーカスもないけど充分高性能ですよ。カメラは12Mピクセルのメインカメラ、12MPの超広角カメラ、64MPの望遠レンズのみで、ハイブリッドズームは最大3倍という構成になります。米市場は明日発売、出荷は21日からを予定しています(日本市場は未定)。

【関連記事】