Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

植物のパワーで開運! 真木あかりが教える、風水的6つのDo/Don't。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

リラックス効果に加えて、おしゃれなインテリアアイテムとして欠かせないグリーン。でも、なにげなく置いている人は要注意。風水では、観葉植物の種類や置く場所によって、運気が大きく左右されると言われているのだ。今回は、占い師の真木あかりさんが誰でも自宅で簡単にできるグリーンのインテリア術を教えてくれた。癒やしを与えてくれる植物から、運気アップのパワーを手に入れて。

1. 植物が「開運に効く」と言われる理由って?

部屋に季節の花を飾ったり、観葉植物を置いたりするといい──そんな話を聞いたことはありますか? グリーンを目にすることで得られる癒し効果、色とりどりの花を愛でることでエネルギーを感じるということは、誰もがなんとなく感じていることでしょう。こうしたことは決して気のせいではなく、風水的にも正しいこと。現代人の生活はとかく、木や土など自然にふれる機会が多くありません。そんななか、大地の“気”を生活に取り入れることで運のバランスを取ることができるのが観葉植物なのです。 インテリアとして楽しむだけなら好きなものを置けば十分なのですが、せっかくなら楽しみながら運気を上げるというのも素敵な試み。今回は、風水のエッセンスをプラスするポイントをご紹介しましょう。

2. 運気アップにいい植物、注意が必要な植物の見分け方。

風水の要素を取り入れて運気アップを目指すなら、「上に向かって伸びる植物」を選びましょう。パキラやオーガスタ、サンスベリア、ベンジャミン、フィカス類、モンテスラ、アレカヤシなどはおすすめです。一方、垂れ下がって成長するタイプの植物は開運にはつながりません。すでに育てている場合は、支柱などを使って上に向けて伸ばすならアリでしょう。また、鉢選びもポイント。プラスチックではなく、陶器など自然素材のものを選ぶようにしてください。

古い葉が落ちたり、茶色くなってきたりしたらこまめに取り除きましょう。そして、残念ながら枯れてしまった場合は、ベランダなどに放置せず早めに片付けること。置きっぱなしにするのは、死骸をそのままにしているようなもの。開運にはつながりません。 ちなみに、植物を買う場所も大事です。店舗に足を運ぶ場合は、その空間にいることが楽しく、心地よいショップを選びこともポイントに。相性がいい、居心地がいいと思えるショップで買ったものなら、あなたとも波長が合っています。それでこそ、開運にもなるというもの。ショップで過ごしているときは直感を信じましょう。

【関連記事】