Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メジャー2年目・菊池雄星、リスク覚悟で挑んだ“直球改革“で手応え。ダルビッシュも「マジですごい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

日本時間9月5日(土)、シアトル・マリナーズの菊池雄星が、6度目の先発にしてシーズン2勝目を挙げた。 好投を支えたのは、最速97.6マイル(157キロ)のストレート。メジャーリーグ2年目の進化が、そこに秘められていた。 「空振りをとらないといけないというのは、去年実感していますので、そこを向上させるためにオフシーズン取り組んできました」(菊池) 8月9日(日)深夜に放送したテレビ朝日のスポーツ情報番組『GET SPORTS』では、2019年の秋から菊池に密着。 最先端の科学を採り入れた“ピッチング改革”は、驚きの光景の連続だった。

◆不調の昨シーズン、イチローの“言葉”で決意

2019年1月、総額47億円の3年契約でシアトル・マリナーズに入団した菊池。日本を代表する豪腕のメジャー挑戦は、大きな注目を集めた。 しかし、シーズン序盤から徐々に調子を落とし、1年目の成績は32試合6勝11敗、防御率5.46、被本塁打36と不本意なものに。 「なんか力が入らないぞとか、球速が明らかに落ちるっていうのがあって、そこから立て直せなかったというのが一番の悔しさで…」(菊池) 日本より滑りやすいとされるボールや、マウンドの硬さや傾斜の違いなど、さまざまな要因が考えられた。暗中模索のなか、引退後もチームに帯同した大先輩・イチローにアドバイスをもらったことも。 「イチローさんにアドバイスを求めにいくと『俺だって落ち込むこともある。結果が出ないことがよくないんじゃなくて、なぜ結果が出ないかわからないことがよくないんだ。しっかり説明できれば、それはスランプじゃないから』と言われました」 菊池は、不調の原因を突き詰めることを決めた。 2019年12月、アリゾナの倉庫街の一角。薄暗い空間のなかにあったのは、さまざまな機材に囲まれた特設ブルペンだ。

菊池が選んだのは、科学的なアプローチによるピッチング修正。日本からプロの動作解析チームを招き、1球ごとの計測データやスロー映像から改善策を見出す。 「もっとも高いプライオリティは、ストレートのスピードを戻す、上げていくこと」(菊池) 菊池の昨シーズンの平均球速(※ストレート系)は、148.8キロ。メジャー平均150.3キロを下回っていた。 解析チームの責任者・神事努(ネクストベース エグゼクティブフェロー、國學院大学准教授)も、合宿の狙いを次のように語る。 「平均球速でいうと153キロとか154キロを目指したい。メジャー平均が150キロなので、プラス3キロの上積み。それがバッターからすると、数メートル差しこまれるような印象になるので」 ストレートを投げ込んでいくなかで、菊池の“ある動作”に課題が見つかった。ピッチングフォームにおけるヒジの軌道だ。

【関連記事】